現役時代の岡野雅行氏

写真拡大

 ガイナーレ鳥取が大型連休中に特別企画を実施する。JFL時代の試合映像を特別配信するほか、懐かしいユニフォームのオークションも行い、自宅での時間を有意義に過ごしてほしいというものだ。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、今年の大型連休は不要不急の外出を控えることが求められている。ガイナーレのホームタウンの鳥取県でも、地元の方言で家などに『いる』ことを「おる」、建物などから外に『出ない』、どこかに『出かけない』ことを「出ん」と言うことを、ゴールデンウィークにちなんで、家にいて、県外に出ない「おる・出ん・ウィーク」にしようと呼びかけている。そこで鳥取も、『おる・出んウィーク特別企画』と題した2つのイベントを実施することになった。

 まずはJFL時代の試合映像を、当時中継していた地元のケーブルテレビ局、中海テレビ放送の協力のもと、5月2日と6日にライブ配信アプリ「17(イチナナ)Live」で特別配信する。しかも、当時まだ鳥取の現役選手だった「野人」こと岡野雅行・取締役ゼネラルマネジャーと、吉野智行・強化育成部長のライブ解説も同時に配信される豪華版だ。

 もう1つは、悲願のJ2昇格を果たした2010年シーズンの選手着用・直筆サイン入りユニフォームのオークションを実施する。当時主力として活躍した5選手のもので、いずれもオークションサイト『HATTRICK』発行の鑑定書が付いている。

 岡野氏と吉野氏のJFL時代の試合映像やライブ解説は、両氏が過去に在籍したクラブのファン・サポーターにとっても興味深いはず。10年前のサイン入りユニフォームも貴重なもので、鳥取のファン・サポーターにとっては当時を思い出すアイテムともなりそうだ。

[詳細はガイナーレ鳥取HPへ]