QEMUプロジェクトは4月29日(米国時間)、「QEMU version 5.0.0 released - QEMU」において、QEMUの最新版となる「QEMU 5.0.0」の公開を伝えた。QEMUはオープンソースで開発されているマシンエミュレータおよび仮想化ソフトウェア。

QEMU 5.0.0の主な変更点は次のとおり。

virtiofsdを介してゲストにホストファイルシステムへアクセスするためのサポートを追加

QEMU D-Busで実行される外部プロセスのライブマイグレーション機能を追加

圧縮バックアップイメージのサポートを追加

qemu-storage-daemonの実験的なサポートを追加

ARMv8.1 VHE、VMID16、PAN、PMU ARMv8.2 UAO、DCPoP、ATS1E1、TTCNP ARMv8.3 RCPC、CCIDX ARMv8.4 PMU、RCPCのアーキテクチャ機能サポートを追加

Cortex-M7 CPUサポートの追加

tacoma-bmc、Netduino Plus 2、Orangepi PCの新しいボードサポートの追加

vTPMおよびvirtio-iommuデバイスサポートの追加

GINVTインストラクションのサポート追加

QEMU version 5.0.0 released - QEMU

他の仮想化ソフトウェアと比べると、QEMUは複数のアーキテクチャに対応しているという特徴がある。このため、クロスプラットフォームでのシステム開発やパッケージビルドなどに使われることがあるほか、さまざまな用途で活用されている。