「新型コロナウイルスによる都市封鎖は、すべての野生動物にとって幸運とは限らない」の写真・リンク付きの記事はこちら

「人類の最後」を描いた映画にお決まりなのは、街が再び少しずつ植物に覆われ、シカやキツネが通りを歩き回るシーンだ。実際の終末を除いて、このシナリオにこれまでで最も近くなりそうな状況が、まさにいま世界各地の封鎖された大都市で起きている。

サンフランシスコでは、普段ならクルマを恐れて出てこないコヨーテたちが、人影のないゴールデン・ゲート・ブリッジ周辺をうろついている。ウェールズのランディドノーでは、山に棲むヤギたちが街に生活の場を移しつつある。バルセロナでは、イノシシが街の中心部にまで進出しだした。

「ジェネラリスト」と「スペシャリスト」

人間がいない世界は、動物たちにとって楽園だと考える人もいるだろう。しかし、人間の不在が害になるか益になるかは、人間による保護活動や生息地の維持に、その生物種がどれだけ依存しているかによって異なる。

例えば、世界各地で見られる大胆なコヨーテやイノシシたちは、人間がいなければますます増えるだろう。「コヨーテは『ジェネラリスト』と考えられます。適応性が高く、さまざまな場所で生活でき、広食性です」と、魚類野生生物研究所(Fish and Wildlife Research Institute)で爬虫類と両生類の研究リーダーを務める保全生物学者のデヴィッド・スティーンは言う。「ただし、すべての生物種がそうだというわけではありません。『スペシャリスト』の生物が生きるには、特定の食べ物や環境条件が揃っている必要があります。一般に保護に関する懸念があるのは、こうしたスペシャリストの生物たちです」

例えば、ミツバチは概してジェネラリストで、食事のためにさまざまな種類の花を訪れる。一方で、なかにはヒマワリなど特定の花に特化したハチもいる。また、ミツバチは世界中どこでも快適に生活できるが、「ガルフコースト・ソリタリー・ビー」と呼ばれるハチは、砂丘の生息地を離れられない。

エコツーリズムの衰退と密猟の危機

人の干渉が広範囲に広がるいまの時代、生息範囲や食べ物(あるいはその両方)の制限は生き残りを不確実なものにする。生息地を失うと、ほかに行くところがなくなるからだ。そして、これが特に危険になるのは、それまで生息地を守ってくれた人間が外出できなくなったときである。

こうしたケースは、アフリカでしばしば見受けられるものだ。アフリカでは巨大なエコツーリズム業界が、保護活動に資金を提供している。例えば、ナミビアでは雇用の16パーセントをツーリズムが占めており、キリマンジャロがあるタンザニアでは国の総面積の4分の1以上が保護区域になっている。

しかし、自然保護団体ザ・ネイチャーコンサーヴァンシー(TNC)によると、こうしたツーリズム業界は新型コロナウイルスの影響でほぼ一夜にして衰退し、少なくとも9月までは閉鎖状態となる可能性が高いという。

業界の衰退とともに、密猟者から動物たちを守る警備員の給料も失われた。大量の失業に直面したツーリズム業界の人々が、家族を養うために密猟に向かう可能性さえある。

TNCでアフリカ地域の管理責任者を務めるマット・ブラウンは、「サイのように角があるものなら、どんな動物でも密猟の対象となる危険があります」と言う。「心配なのは、今回の事態でこれまでの10年に及ぶ順調な保護活動、そして動物数の増加という結果が、あっという間に失われるかもしれないことです」

密猟を悪化させる可能性があるのは、エコツーリズム市場の落ち込みだけではない。

ケニアでは、アムステルダムの花市場に花を提供する巨大な産業が行き詰まり、7,000人が失職した。「この7,000人が飢えることになります。人々は物を探すようになり、すぐ近くにサイがいるわけです」とブラウンは言う。

パトロールを失った島

同様の問題は、やはり人間による保護活動に依存する島の生息地でも起きようとしている。

人間が島に上陸したとき、大型のネズミのような脅威が一緒にもち込まれた。こうした種が、哺乳類の対処に慣れていない在来種を破滅させることもある。

例えば、地上に営巣する海鳥たちは、卵を狙うネズミたちの攻撃を受けやすい。「生物種の一部、とりわけ島に棲む生物たちは、人間たちが継続的に実施する侵入種の駆除活動に依存しています」と、魚類野生生物研究所のスティーンは指摘する。「人間がいなくなれば、各地の島でネズミなどの個体数が爆発的に増加し、海鳥に害を及ぼすかもしれません」

島を元の状態に戻すために、保護団体が島を封鎖し、科学者以外は出入りできないようにする措置に踏み切ったところもある。だが、今回のパンデミックによって島をパトロールできる人間がいなくなれば、密猟者たちが待ち望んでいたチャンスが生まれるだろう。

あるいは、これらの島で警備がされていないことをいいことに、探検しようと船で乗り付けた人々が、知らずのうちに船にいたネズミをもち込んでしまう可能性もある。

研究者たちの調査も台無しに

科学者たちが研究所に通えないことも、保護活動の妨げになっている。

島の保護では、例えば2種類の鳥が遺伝子的に違う種なのか同じ種なのかを判断するために、遺伝子分析が必要になることが多い。同じ種であれば、別の島から運んできた鳥を使って島で復活させることができるからだ。

カリフォルニア科学アカデミーで、鳥類学と哺乳類学担当のキュレーターを務めるジャック・ダムバッカーは言う。「わたしたちは現地に赴き、サンプルを収集し、それを遺伝子分析が可能な研究所に持ち帰り、個体数を管理する方法を考えます。研究所に入れなければ、答えを出すまでの時間が長くなってしまうのです」

保護活動のための現地調査も、実施しにくくなっている。

ダムバッカーらは19年秋、カリフォルニアの山火事が鳥の個体数に与える影響を知るための長期調査として、野焼きの観察を実施した。

「2020年は非常に重要な年でした。わたしたちは過去3年にわたる野焼き前のデータをもっています。本来であれば、いまごろ現地に赴き、動物たちが野焼き後にどう対応しているかを調査しているはずでした」。だが研究チームは現在、自宅待機を余儀なくされている。

ほかの場所でも、鳥を研究する科学者たちの調査が、この危機のせいで台無しになっている。一年のこの時期は、冬の間いなくなっていた渡り鳥たちが戻って来るタイミングなのだ。

タイミングが重要な保護活動

カリフォルニア科学アカデミーは、北カリフォルニアの岸に打ち上がったクジラやアザラシといった海洋哺乳類の数を記録する調査を実施している。このような調査は、18年に数百頭のアシカが感染した細菌由来のレプトスピラ症のような病気を追跡する際に役立つからだ。

浜を歩き回り、見つかった死骸の生物種や死因を示す傷の有無といった初歩的な基本データを報告する作業は、ボランティアたちによってその大部分が進められている。アカデミーの科学者たちは、そのあとで現場に出向き、死骸を解剖して死因を特定するのだ。

「いわば海の『脈』を測って健康状態を調べるこの調査は、海岸に打ち上がった死体を見ることで成り立っています」と、ダムバッカーは言う。「こうしたやり方で、どのような病気がどの個体群を移動しているのかを調べているのです」

このデータは、当局が大型海洋哺乳類を守るためにベイエリアの航路を変更する際にも参考にされている。だが、こうしたデータも現在は入手できない状況だ。

野生動物保護の取り組みは緊急性を伴うことも多く、季節的なタイミングも重要だ。しかし今回のパンデミックは、専門家たちが警告しているように、終息までに18カ月以上かかる可能性もある。終息までの時間は、動物たちがもちこたえられる時間をはるかに越えてしまうのかもしれない。