Windows 10のセキュリティを強化するためのさまざまな機能を備えているが、それらを使いこなしている人は少ないのではないだろうか。カメラ、音声認識、履歴、アカウント情報、メール、システムフィードバックにおいて、プライバシーを保護するための設定が用意されている。

アバストが公式ブログにおいて、Windows 10において、システムのプライバシーを向上することで、不要なデータの流出を防ぐためのヒントを説明しているので、そのポイントを紹介しよう。

○Microsoftが収集するデータを制御する

デフォルトの設定では、PCから特定の診断データを収集し、Microsoftに送信される。そこで、[プライバシー] → [診断 & フィードバック]から、診断データの設定を確認し、必要なレベルに設定する(Microsoft がこのデータを用いてPCを最新の状態に保ち、トラブルシューティングに役立てていることは覚えておきたい)。

設定から[プライバシー]を選択する

[プライバシー]の画面

○エクスペリエンス調整を無効にする

同様に、[プライバシー] → [診断 & フィードバック]から、「お客様が選択した診断データの設定に基づいて、カスタマイズしたエクスペリエンスを提供します。カスタマイズしたエクスペリエンスは、お客様のニーズに合わせてMicrosoftの製品とサービスを強化するためのヒント、広告、および推奨事項です。」と記載されたオプションをオフにしましょう。

○匿名化する

[プライバシー] → [アカウント情報]から、「アプリがアカウント情報にアクセスできるようにする」と記載された設定をオフにする。

○広告追跡を無効にする

[プライバシー] の [全般] セクションで、「アプリのアクティビティに基づいてユーザーに合わせた広告を表示させるために、広告識別子の使用をアプリに許可します。」というオプションをオフにする。

○アンチトラックソフトを使う

オンラインでの行動を隠し、広告の追跡を避けるには、セキュリティソフトウェアを利用することも有効である。例えば、アバスト アンチトラックは、システムプライバシーマネージャーという機能が追加されており、Microsoftのプライバシー設定のほとんどを制御できるという。