外出自粛、営業自粛で火の消えたような街をよそに、ネット通販が大繁盛だ。何が売れているのか。テレワークに欠かせないWEBカメラは20倍の売れ行きだという。これは企業がまとめ買いしているからだろう。

個人の購入ではこんなものが人気だ。Yahooのトップ3は、ジグソーパズル(800%)、カラオケ機器(730%)、跳躍台(520%)だ。Raktenでは、カラオケ機器(2600%)、ワッフルメーカー(790%)、ボードゲーム(450%)がバカ売れ状態である。

仕込んで放っておけば料理でき上がり

専門家がお勧めの「巣ごもりグッズBEST5」をスタジオに持ち込んで、山崎夕貴キャスターが解説した。5位はパソコンの外部モニター「EIZOカラー液晶23インチ」。テレビ会議に必要だというのだが、7万1500円はちょっと高め。4位がサーモス真空断熱タンブラー4400円。ロングセラー商品だが、司会の小倉智昭は「10年以上使ってるけど、いいよ」

3位はボードゲーム「カルカソンヌ」3800円。フランスの中世城塞都市カルカソンヌをモチーフに、得点を競う。2位は魚捌きの包丁「TAPP サカナイフ」1万32円。のこぎり歯などもついていて、三枚におろすのが楽だという。そして1位は「SHARPヘルシオホットクック」7万7000円。社会学者の古市憲寿は「仕込んで出かけて、帰ったらできてる、というやつね」。いや、出かけちゃダメでしょ。

山崎「巣ごもりでも、楽しんでいただきたいと思います」