新たに49試合の延期が決定したJリーグ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 新型コロナウイルスの影響で公式戦を中断しているJリーグは、4月30日に公式ホームページで、5月30日以降に開催予定のリーグ戦の延期を正式に発表した。なお、6月13日以降の試合開催は現在のところ未定となっている。

 今回延期が発表されたのは、5月30日、31日に開催予定だったJ1リーグ第16節の9試合。同期間に開催予定のJ2リーグ第18節の11試合、J3リーグ第11節の9試合。および、その翌週の6月6日、7日に開催予定だったJ2第19節の11試合とJ3第12節の9試合の合わせて49試合だ。

 それ以降に関しては現在未定で、今後の感染拡大状況等をもとに判断し、決定次第改めて発表するという。また延期が決定した試合の代替開催日およびチケットの取り扱いについても、決まり次第公表される。

 Jリーグの村井満チェアマンは先日、「リーグ再開に際して、選手会からは3週間程度の準備期間が欲しいという声もある」「(前回再開予定日の)5月9日から1か月以上離すということは、最短なら6月13日になる」「再開まで3週間の準備期間を用意するとした場合、5月23日が(再開か否かの)意思決定の目途になる」と言及。6月再開のシナリオを描きながらも「7月、8月再開」の可能性にも触れていた。
 
 新たに開催延期となった試合は以下の通り。

【J1リーグ】
・第16節
5/30(土)、31(日):9試合

【J2リーグ】
・第18節
5/30(土)、31(日):11試合
・第19節
6/6(土)、7(日):11試合

【J3リーグ】
・第11節
5/30(土)、31(日):9試合
・第12節
6/6(土)、7(日):9試合

構成●サッカーダイジェストWeb編集部