まだ放送開始が遅れている話題ドラマ2本を除けば、今期一番面白いのが当作品である。脚本・古家和尚、演出・星護。テレビ東京はこのところ頑張っていて、前期の『病院の治しかた』も面白かった。あの典雅な鈴木京香を、こともあろうにラーメン業界のカリスマにもってきたアイデアがすごいし、その天敵が高畑淳子だと!

左前になったラーメン屋の立て直しを手掛ける清流企画の女社長・芹沢達美(鈴木京香)はフードコンサルタント。雇ってくれと面接にやってきた汐見ゆとり(黒島結菜)は、夏川彩(高橋メアリージュン)の手掛けたラーメンを「イマイチ」とけなす。実は汐見はラーメン否定主義者(高畑淳子)の娘だったが芹沢の眼鏡に叶う。

第2回はもっさりしたラーメン屋で人気下落の店を、内装まですっかり変えさせて、おしゃれなマダムの好みそうな店にするが、イタリアン風なラーメンは、初日こそ人が集まったものの、次第にスカスカに減る。そこで...。毎回違う店を再生させる話と、3回目に登場するらしい高畑vs京香の因縁対決が縦糸なのか。

美しく臈長けた鈴木京香が颯爽とコートを翻して、辛口で檄を飛ばすのかカッコイイ。筆者の住む町に近い駅前の繁華街に、かつて、行列ができる有名ラーメン屋があったが、いつの間にか消えてしまった。こんな美人コンサルタントがいれば潰れなかったのだろうが、一時的に大ヒット店になっても、すぐ飽きられるのがこの業界だ。(放送2020年4月20日、27日22時〜)

(黄蘭)