イーエムシステムズ(4820)、株主優待を変更! 優待 品のカタログギフトや額面、優待利回りは変わらず、 決算期の変更に伴い、基準日が「3月末⇒12月末」に

写真拡大

 株式会社イーエムシステムズ(EMシステムズ)が、株主優待の基準日を変更することを、2020年4月28日に発表した。

 イーエムシステムズの株主優待は、2020年3月期から導入されたばかりで、従来は毎年「3月末」時点の株主を対象に実施するとされており、内容は「200株以上を1年以上継続保有する株主に、保有株数に応じて、カタログやウェブサイトで選択できる商品を贈呈」というものだった。

 今後も株主優待の内容に変わりはないが、今期から同社が決算期を「3月」から「12月」に移行することに伴って、株主優待の基準日も「12月末」に変更される。

 この株主優待の変更は、2020年12月末の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。なお、2020年12月期は決算期の移行期間のため、9カ月の変則決算となる。同時に、イーエムシステムズの株主優待は、通常1年以上の継続保有が必須となるが、初回に限っては9カ月以上継続して保有していれば対象になる(※2020年3月末及び2020年12月末に連続して同一株主番号で記載または記録されている必要がある)。

イーエムシステムズの株主優待制度の詳細と利回りは?

◆イーエムシステムズの株主優待制度の詳細
基準日 保有株式数 保有期間 株主優待内容
12月末 200株以上 1年以上
※2020年12月末のみ
9カ月以上(以下同)
商品1000円相当
1000株以上 1年以上 商品3000円相当
2000株以上 1年以上 商品5000円相当

 イーエムシステムズの2020年4月28日時点の株価(終値)は842円なので、株主優待利回りは以下のようになる。

(200株保有の場合)
投資金額:200株×842円=16万8400円
優待品:商品1000円相当
優待利回り=1000円÷16万8400円×100=0.59%

(1000株保有の場合)
投資金額:1000株×842円=84万2000円
優待品:商品3000円相当
優待利回り=3000円÷84万2000円×100=0.35%

(2000株保有の場合)
投資金額:2000株×842円=168万4000円
優待品:商品5000円相当
優待利回り=5000円÷168万4000円×100=0.29%

 イーエムシステムズの株主優待は、カタログやウェブサイトから選択できるセルフメディケーション、ヘルスケアの関連商品。3月末だった基準日が12月末に変更されたので注意が必要。2020年12月末に株主優待を受け取るためには、2020年3月末にも株主になっている必要があるため、これから新たにイーエムシステムズに投資した場合、株主優待の権利を獲得できるのは2021年12月末になる。

 なお、イーエムシステムズは医科・調剤・介護システムを手掛けるシステムインテグレーター。2020年4月28日に発表した2020年3月期の連結業績は、すべて前期比で売上高6.8%増、営業利益39.6%減、経常利益32.9%減、当期純利益29.3%減。2020年12月期は9カ月の変則決算のため、前期と比較するのが難しいが、現段階の連結業績予想は売上高100億9200万円、営業利益11億2700万円、経常利益15億5600万円、当期純利益10億8200万円としている。

■イーエムシステムズ
業種コード市場権利確定月
情報・通信業4820東証1部12月末
株価(終値)必要株数最低投資金額配当利回り
842円200株16万8400円1.18%
【イーエムシステムズの最新の株価・株主優待の詳細はこちら!】
※株価などのデータは2020年4月28日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。
※「必要株数」は株主優待の獲得に必要な株数、「最低投資金額」は株主優待の獲得に最低限必要な資金を指します。