「コロナうつ」を避けるために知っておきたい「心配」・「ストレス」・「不安」の違い 〜臨床心理士からのワンポイントアドバイス〜

写真拡大 (全3枚)

 日々広がりをみせる新型コロナウイルスの感染拡大。生活環境の変化や外出制限によるストレスを感じたり、身の回りの人の安全を心配したり、先の見えないこの状況に不安を抱えている人も多いだろう。

 そんな中、東京中央カウンセリングの代表臨床心理士・公認心理師・塚越友子さんは、自身のブログ内で、心配・ストレス・不安のちがいについてニューヨークタイムズ掲載のある記事(出典:ニューヨークタイムズ「The Difference Between Worry, Stress and Anxiety」)を踏まえて紹介している。

 塚越さんによると、重要なのは、「心配は心」で、「ストレスは体」で、「不安は心と体」でそれぞれ起こるもの。

 少量では、心配、ストレス、不安は、私たちの生活の中でポジティブな力になるが、研究によると、私たちのほとんどが心配しすぎ、ストレスを感じすぎて、不安になりすぎているという。

「心配は心」で、「ストレスは体」で、「不安は心と体」で


 実際、それぞれがどんなもので、どのような機能があるのだろうか?

■心配
 まず、心配とは、心が否定的な思考、不確実な結果、または間違った方向に進む可能性のある事柄に集中しているときに起こることで、心の中だけでおこり、主に思考・考えの部分のこと。

 基本的に心配は、脳が問題を処理しようとする機能で、必要な機能であるが、問題を考えて動けなくなるときに機能しなくなり、心配が強迫観念に変わってしまうと問題となる。

■ストレス
 次にストレスとは、外部の出来事に関連する生理学的反応のこと。

 何かの締め切りに追われていたり、上司からパワハラを受けているなど、ストレスは、脅威に対処するために脳と体を活性化するのに役立っている。

 短期的なものは、急いで課題を仕上げて提出することができたりパワーとなって役立つ。しかし、それが慢性的になると体内のコルチゾルやアドレナリンの分泌が止まらず常に戦闘態勢なため、消化器系の問題や心臓病のリスク増加、免疫系の衰弱などの健康上の問題が現れる。

・今すぐ読みたい→
運動でできるメンタルケア。不安やストレスを乗り切ろう https://cocokara-next.com/stress/mental-care-that-can-be-done-by-exercise/

■不安
 そして、不安には認知要素(心配)と生理学的反応(ストレス)がある。

 つまり、心配とストレスの両方を経験している状態であるのだ。不安は、心配やストレスと同じように、問題に対処するために役立っている。不安はストレスとは違い、実際の外部からの脅威はなくとも自分の心の中で作り出した脅威(心配)に反応している状態といえる。

 何かしらの危機がせまっていることを教えてくれているため、重要なシグナルとなるのだ。

 塚越さんによると、不安を感じることは普通のことで、誰もが感じるものであるが、それが不安障害となると別のこと。

 不安を感じたから私は不安障害なのでは?と慌てる方が多くいるが、これは明確に違うものだという。

 心配、ストレス、不安にはそれぞれ役割があり、本来は私たちがピンチに陥っている状況から抜け出すために存在するもの。記事を読んでそれぞれの感情の捉え方を変えることや対処法で楽になるようであれば不安障害ではないので、安心してよいとのこと。対処法などためしてもどうにもならない場合には、専門家の手をかりることが良いそうだ。

 それぞれについて理解し、機能の活用を考えることで、少しでもこの状況をポジティブに過ごし、乗り越えられることにつながるだろう。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
運動でできるメンタルケア。不安やストレスを乗り切ろう ​https://cocokara-next.com/stress/mental-care-that-can-be-done-by-exercise/

塚越 友子(つかこし・ともこ)

臨床心理士・公認心理師・産業カウンセラー。
社会学修士号(社会心理学)、教育学修士号(臨床心理学)を持つ。

自身は、広報・PRの仕事に従事する中で過労から内蔵疾患を発症すると治療生活でうつ病を発症。その後、キャリアチェンジを余儀なくされ、身体・精神の健康とキャリアのバランスや働く人の精神的不適応と家庭のサポートについて興味を持ち、産業カウンセラーとなる。

2008年に東京中央カウンセリングを開業。
特殊なキャリアチェンジルートの経験と確かな学術的経験により、クライエントの問題状況分析と具体的な行動指針を提案。
TV、新聞、雑誌などメディアでも活躍中。

■オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/hikarinohane/