新型コロナウイルスの感染拡大により、全国の学校で一斉休校が続く中、現行の4月入学から「9月入学」へ大きく変えようという声が上がり始めている。宮城県の村井嘉浩知事は「学校の入学、始業の時期を9月にずらすというのもひとつの大きな方法ではないか」と表明し、大阪府の吉村洋文知事は「僕は9月入学について賛成の立場です。9月入学は世界での標準になっている」と賛同した。

東京都の小池百合子知事も「9月スタートもありではないか。こういうときにしか社会は変わらない。大きな流れ、新しい流れはこういうときに出てくるのではないか」と話した。

キャスターの立川志らく「私は9月がいいと思う。3月までに勉強を詰め込むことを考えると、子どもの負担が大きい。思い切って世界基準に変えるのはアリだと思います」

感染防止で集まって議論もできないときに...

東邦大の小林寅拔擬「歴史上見ても、感染症とのたたかいでいろんな文明が変わっています。9月入学もアリ、ということを考えておかなければいけないが、感染症がある程度収まっているというのが前提です」

盒驚療機癖杆郢痢法峪笋呂海竜掴世六神できません。甲子園はどうするか、入試の会場や制度はどうするのか。後ろにずらすことは可能なのか。それを検討する人たちを集めて、会議ができるのか疑問です。9月入学に切り替えるのではなく、今の環境で勉強の方法を考えるということの方が大事だと思います」

星野真里(女優)「9月入学もおおいにアリだなと思います。今までこうだったからこうしなければいけない、という考えにとらわれていてはいけない。頭を柔らかくして、未来のことを考える視点で議論が進むといいですね」

望月優太(ウェブマガジン編集長)「受験とか就職とか大事な時期を迎えている学年の人たちにとって、最も適切な判断をしてもらいたい」