目に良いとされる食べ物と栄養素について

写真拡大 (全2枚)

 現代社会においてパソコン、スマートフォンなどの電子機器はとても身近な生活欠かせない存在となり、長時間の使用により眼精疲労に悩まされている方が増えていると聞きます。

電子機器から発せられているブルーライト(波長の強い光)は目に刺激が強く、眼精疲労の原因や、眼疾患へのリスクが増えると言われております。

ですが、パソコン、スマートフォンなどの電子機器で起こる眼精疲労は、目に良い食べ物や栄養素を摂取することによりある程度改善することが出来るのをご存じでしょうか?

そこで、少しでも眼精疲労の改善や、眼疾患の予防が出来る食べ物と栄養素また、その効果についてご紹介させて頂きます。


ビタミンA
目の乾燥を防ぐ効果があるとされています。(ドライアイ)
例)ブロッコリー、カボチャ、うなぎ、レバー、ほうれん草など

ビタミンB群
目の疲れを防ぐ効果があるとされています。(眼精疲労)
例)豚肉、鶏肉、レバー、卵、かつお、豆類、バナナ、乳製品など

ビタミンC
こちらも目の疲れを防いでくれます。
例)レモン、ジャガイモ、赤ピーマン、イチゴ、ブロッコリーなど

ビタミンE
加齢による体の老化するスピードを緩やかにする効果があるとされています。(老視など)
例)落花生、ごま、アーモンド、緑茶、アボカドなど

DHA
目の乾燥の予防、視力改善、目の疲れなどに効果があるとされています。(ドライアイ、眼精疲労)
例)マグロ、かつお、ブリ、アジなど

ルテイン
網膜を守る効果があるとされています。(網膜疾患)
例)ほうれん草、ケール、ブロッコリー、キャベツなど

アスタキサンチン
目の疲れを防ぐ効果があるとされています。(眼精疲労)
例)エビ、タイ、サケなど

アントシアニン
目の疲れの回復に効果があるとされています。
例)ブルーベリー、黒ごま、赤しそ、ブドウなど

・今すぐ読みたい→
メガネの曇りが気になる方に・・・曇り防止のコーティングがされ、眼の健康を守ってくれるレンズとは? https://cocokara-next.com/lifestyle/lens-that-maintain-eye-health/

アントシアニンについてもう少し述べたく思います。

目に良い食べ物と言って真っ先に思いつくのはブルーベリーでしょう。

まず、アントシアニンとは何か説明をしたいと思います。

アントシアニンとはポリフェノールの一種で、青紫色をした天然の色素が多く含まれており、それが目の網膜に栄養を運ぶ毛細血管の働きを良くし、眼精疲労の予防や改善に効果があると言われております。

また、紫外線を浴びると体内に活性酸素が発生し、皮膚だけでなく目にもダメージを与えるのですが、アントシアニンは抗酸化作用があり、活性酸素の働きを抑え、除去する作用もあります。

多く含まれている食べ物は、ブドウ、イチゴなどの果物や紫芋、紫キャベツ、ナスなどの野菜、他にも黒豆、赤ワインなどがあるのですが、一番多く含まれている食べ物がブルーベリーです。

また、ブルーベリーにはビタミンEも多く含まれており、細胞の酸化から守る働きがあります。

これにより、高血圧予防、動脈硬化などの予防が期待されています。

目に良い食べ物を紹介しましたが、いずれも過剰摂取はかえって良くありませんので、適度に摂取して頂けたらと思います。

目に良い食べ物を摂取しても、目を酷使してしまえば眼精疲労になる可能性は高まりますので、目に良い食べ物を適度に摂取しつつ、目を適度に休ませていただければ幸いです。

[文:高田眼鏡店 | 最高技術のオーダーメード眼鏡。処方箋も取扱(https://www.takata-optical.co.jp/)]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
メガネの曇りが気になる方に・・・曇り防止のコーティングがされ、眼の健康を守ってくれるレンズとは? https://cocokara-next.com/lifestyle/lens-that-maintain-eye-health/