赤く囲っているのが「MY BEST PLAYER」。岩本氏が挙げたのは、かつて仙台でゴールを量産したマルコスだ。

写真拡大 (全3枚)

 4月23日発売のサッカーダイジェストでは、「Jリーグ歴代ベストイレブン」と題し、現役選手や元日本代表など総勢50名に“マイベストイレブン”を選んでもらっている。人選の条件は現在までに登録されたJリーガーで、外国籍選手は3人まで。

 ここでは、現役時代は日本代表の10番を背負い、パワフルかつテクニカルな左足のキックで観衆を沸かせた岩本輝雄氏の“マイベストイレブン”を紹介しよう。

――◆――◆――

 自分が高卒でフジタ(現・湘南)に入った時、ナラ(名良橋)には衝撃を受けたね。世の中にこんなに速い人がいるんだって。もう、ガンガン行くし、身体も強くて、黙々とプレーする。

 同じ寮に住んでいて、ナラは整理整頓された部屋の中で、いつもスパイクを磨いていた。当時は今より無口だったけど(笑)、なんかかっこいいなって。サッカー雑誌の付録で金髪にしたナラのポスターを、自分の部屋に飾ったりもしたからね。プレーも真似したし、憧れの選手だった。
 
 ベルマーレではヒデ(中田)ともチームメイトで、プロ1年目からその実力はずば抜けていた。左サイドで、僕がSB、ヒデが2列目で、一緒にやっていて、楽だったよね。スペースへの飛び出しが抜群に上手い。代名詞の“キラーパス”より、むしろパスを引き出す動きのほうが、強く印象に残っている。筋トレも一生懸命にやるし、努力家の一面も。

「MY BEST PLAYER」は、ベガルタで一緒に戦ったマルコス。“いざとなったらマルコスに上げろ”って、それぐらい頼りになるFWだった。圧倒的な高さでゴールを狙う。ニアに入るタイミングも良いし、ファーにふわっとしたボールを上げても反応してくれる。アバウトにクロスを入れても合わせてくれる。

 練習からよく話し合っていたし、お互いに分かり合えていた。僕がトラップしてルックアップ、マルコスは動き出している。まさに阿吽の呼吸だよ。マルコスがいたからこそ、自慢のキックでゴールチャンスをお膳立てするのが得意な僕も輝くことができた。
 
 僕はFKも得意だったけど、楢粼は本当にやりにくい相手だった。一方に寄りすぎず、立ち位置は中途半端。それが逆に、こっちとしては逆に蹴り辛いというか。唯一「これは入らないな」と思わされたGKだった。

 選考で難しかったのは、中盤の底。最初は(中村)憲剛と柴崎(岳)のダブルボランチにしたかったけど、ヒデ、香川、ストイコビッチはどうしても入れたくて……。憲剛か柴崎か。どちらを選ぶか、それは僕の中ではあまりにも非情な二者択一だったので(笑)、思い切ってふたりを外して、長谷部のアンカーに。

 長谷部はリベロもこなせるから、ビルドアップ時は井原さん、吉田とともに3バックを形成し、両SBが高い位置を取る攻撃的な布陣に。7人で攻めて、3人で守る。この個性溢れる11人を率いるのは、選手の特長を引き出し、ひとつにまとめる手腕に長ける清水秀彦さんしかいない!

PROFILE
岩本輝雄 いわもと・てるお/1972年5月2日生まれ、神奈川県出身。現役時代は平塚(現・湘南)や仙台、京都などで活躍。日本代表では10番を背負った。引退した現在も「今日も午前中は練習!」という永遠のサッカー小僧だ。

※『サッカーダイジェスト』2020年5月14・28合併号より転載。

【PHOTO】サポーターが創り出す圧巻の光景で選手を後押し!Jリーグコレオグラフィー特集!