ナイナイ岡村「フーゾク発言」は絶対NGだけど・・・崩れる「共犯関係」、深夜ラジオ解放区に迫る危機

写真拡大 (全2枚)

 「今のご時世、さすがにあの発言は絶対NGだったと言わざるを得ませんね」

 大手メディア関係者はそうため息をつきます。

 事の発端はニッポン放送で4月23日にオンエアされた人気番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」でした。パーソナリティーの岡村隆史が新型コロナの感染拡大で社会不安が増す中、リスナーの「今後しばらくフーゾクは行けない?」との質問に「今は辛抱」と答える形でこう発言したのです。


 「コロナが収束したら、もう絶対面白いことあるんです。収束したら、なかなかの可愛い人が短期間ですけれども、お嬢やります。短期間でお金を稼がないと苦しいですから。3か月の間、集中的に可愛い子がそういう所でパッと働いてパッとやめます。だから今、我慢して風俗に行くお金を貯めておき、仕事ない人も切り詰めて切り詰めて、その3か月のために頑張って、歯を食いしばって踏ん張りましょう」

 これがネットニュースで報じられると、SNSを中心に軽率な発言に対する批判が殺到。ニッポン放送は番組のホームページで「現在のコロナ禍に対する認識の不足による発言、また、女性の尊厳と職業への配慮に欠ける発言がございました」との謝罪文を掲載しました。

 「発言は決して許されるものではありませんが…」と前置きした上で、前述の関係者は言います。

 「この番組の熱心なリスナーにとって、岡村さんのフーゾク好きは有名な話です。番組では過去、風俗嬢への深い愛も表明してきたし、根底にはリスペクトがあるのもヘビーリスナーなら知っている。昔から深夜ラジオはパーソナリティーとリスナーのそういった『共犯関係』によって成立しているところがありました」

・今すぐ読みたい→
新型コロナ 感染者「韓国超え」を招いた安倍政権のつまらない意地 https://cocokara-next.com/topic/infected-person-beyond-korea/

 そんな関係が崩れてきたのは、皮肉にも世間一般にラジオの楽しさを広めることになった「Radiko」だと言うのです。

 「Radikoの出現によって、いつでもどこでも誰でも過去の番組をさかのぼって聴けるようになりました。それは素晴らしいことなんですが、同時に『問題発言』を取り締まる人々も現れたわけです。昔は良くも悪くも『流しっぱなし』で、『不謹慎だったらゴメンナサイ』で済んでいたラジオ番組が、内容を検証され、コンプライアンスを求められるようになった。この一件でその流れが加速するのは間違いないでしょう」

 テレビと比べて、「まるで1対1のように個人に語りかける」のがラジオの特色。それゆえ昭和時代からお色気満点や暴言連発など、テレビでは許されない内容も「ラジオならOK」「きわどい本音こそラジオの魅力」と聴取者に愛されてきました。両者には「閉ざされた空間」ゆえの信頼関係が成立していたのです。

 しかし、時代は大きく変わっています。全てのドアは開かれてしまった。ネットニュースになれば、番組を一度も聴いたことのない人々が、内容に触れることになります。そのリスクを念頭に置いた上で、それでも楽しい番組作りをしていかなくてはなりません。

 不謹慎さも含めて、人間の本音と本音がぶつかり合う、あぶない「ラジオ深夜解放区」に「あの頃は良かった」と言っても始まりません。新しい時代に即した、アップデートした番組作りが、現在のラジオパーソンには求められているのです。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
新型コロナ 感染者「韓国超え」を招いた安倍政権のつまらない意地 https://cocokara-next.com/topic/infected-person-beyond-korea/