赤く囲っているのが「MY BEST PLAYER」。仲川が選んだのは、「この人だけは別格」とリスペクトする神戸のイニエスタだ。

写真拡大 (全4枚)

 4月23日発売のサッカーダイジェストでは、「Jリーグ歴代ベストイレブン」と題し、現役選手や元日本代表など総勢50名に“マイベストイレブン”を選んでもらっている。人選の条件は現在までに登録されたJリーガーで、外国籍選手は3人まで。ここでは、横浜のスピードスター、仲川輝人の“マイベストイレブン”を紹介しよう。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、チームは現在、活動休止中にもかかわらず、仲川は動画での取材を通じ、時間の許す限り、その選出理由についてたっぷりと語ってくれた。本誌では未収録分を加えたノーカット版をお届けする。

――◆――◆――

――11人を選ぶ際、最初にパッと思いついたのは?
「イニエスタ選手ですね。個人的には、他の選手のことをあんまり“凄い”って思いたくないんですけど、この人だけは別格」

――具体的に何が凄い?
「ボールに触れさせないというか、ボールにアタックできない間合いを取ってくるんですよ。奪いに行こうとしても、『あ、これはかわされる』とこっちが思ってしまう。その時点で、相手の状態のほうが上、ちょっとこっちは負けていると思うんですよね」

――見ている側としては、「なんで仲川、行かないの!?」と思ってしまうけど……。
「簡単には飛び込めない間合いがある。その間合いを作るのが本当に上手い。寄せられてもすぐにかわせるところにボールを置いているし、それでも相手が来れば、ボールと相手の間に身体を入れてドリブルし始めたり。もう、異次元ですよ(笑)」
 
――バルセロナでのプレーも見ていたと思いますけど、想像以上だった?
「想像以上ですね。テレビで見ていると、あんまり速くないというか、そこまでスピード感がないように思うけど、実際にピッチ上で対戦すると、相手の逆を突く動きとか、速いし、上手い。奪いに行って、すっとかわされる選手がわりといるじゃないですか。イニエスタ選手からすれば、『食いついてきた』っていう感覚でかわしてると思いますね」

――周りがよく見えている。
「かなり見えているはずですよ。ボールをキープするにしても、足もとをほとんど見ないで、感覚でキープして、周りの動きを観察している。だから、ああいうプレーができると思いますね」

――ユニホーム交換とかしなかったんですか?
「うちのエジガル(・ジュニオ)やマルコス(・ジュニオール)がもらっていましたね。ああ、いいなぁとか思いながら、でも自分はまだそういう立場でもないし……」

――去年のMVPで得点王だし、十分に“そういう立場”だと思いますけど。
「ちょっと遠慮しちゃいました(笑)」
――逆に、悩んだポジションは?
「CBとSBですね。特にCBには、チームメイトのチアゴ(・マルチンス)は入れたかった。一緒にやっていて、『ヤバいなこいつ』って。対人は強いし、予測が少し遅れても、スピードでカバーできてしまう。言い方はあれですけど、“バケモン”です」

――仲川選手のチアゴ選手への高い評価は、揺るぎないですよね。
「チアゴがいなかったら、去年も優勝できていなかった。それぐらい、本当に大事な選手です」

――そのCBには、井原正巳さんと中澤佑二さんを選出されました。
「井原さんは、なんといっても“アジアの壁”ですから。プレーも熱くて、強い。あと、自分が福岡にレンタル移籍していた時の監督で、前からのプレッシングとかを教えてもらいました。今の自分の守備のやり方だったり、守備意識の高さは、井原さんのおかげでもありますね」

――中澤さんとは、横浜でチームメイトでした。
「シュートブロックとか、凄いですよね。だいたい佑二さんの身体に当たって、難を逃れる。読みがほぼ全部当たっているんじゃないかっていうぐらいに」