大人気マンガ鬼滅の刃』はなぜ多くの読者から厚い支持を集めるのか?(東洋経済オンライン編集部撮影)

『鬼滅の刃』というタイトルのマンガを知っているだろうか。『週刊少年ジャンプ』で連載する大正時代を舞台にしたアクションアドベンチャーで、人を喰う「鬼」と、それに対する鬼殺隊の戦いを描く。主人公の少年・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)は鬼に変わった妹・禰豆子(ねずこ)を人間に戻す方法を得るため、鬼と戦い続けるというストーリーだ。

作者の吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)は、2014年にマンガ家デビュー。2016年に開始した『鬼滅の刃』が連載デビュー作という若手である。

単行本は『ワンピース』超え

本作がいま出版業界で一大旋風を巻き起こしている。とにかく単行本の売上が凄まじい。2019年のオリコン年間コミックランキングによれば、『鬼滅の刃』の発行部数は1205.8万部、2位『ONE PIECE』の1080万部を上回り第1位に輝く。

売り上げは2019年4月のテレビアニメ放送開始以降、急激に伸びた。テレビ放送前の3月の段階で累計発行部数は450万部。テレビアニメ終了間際の9月には1200万部、2020年2月には4000万部を突破した。

この数字さえ、実際の人気からは控えめと言える。昨年秋から年明けにかけ、全国書店で『鬼滅の刃』の品不足が深刻化、棚が空になる現象も起きていたからだ。商品が充分であればもっと売れていただろう。

なぜ『鬼滅の刃』は、大きな人気を集めたのか? そして面白さの秘密はどこにあり、どんな層に刺さっているのか? ヒットの理由を.▲縫甓集果、∩看齢型コンテンツ、のめり込みやすい設定、じ漏藉兇4パートに分けて考えてみたい。

★ヒットの理由1:アニメ化効果

マンガのアニメ化が、単行本の売上げを大きく伸ばすとよく言われる。それはこれまでも『進撃の巨人』などで見られた。それでも『鬼滅の刃』の放送前からの累計発行部数の伸びは、一年足らずで10倍近くと群を抜く。

週刊少年ジャンプで少年を主人公に据えた『鬼滅の刃』は、マンガの王道のように見える。しかし連載開始当初から成功していたかといえば必ずしもそうではない。

ジャンプの並み居るマンガのなかでは、むしろ人気は控えめなほうだった。絵の描き込みが緻密で、メインキャラクターも容赦なく死んでいくストーリーは、必ずしも万人受けでなかったとの指摘もある。残酷描写もあることを考えれば、むしろファンを選ぶ作品だった。

作品へのハードルを下げたのが、テレビアニメだ。劇内でキャラクターたちは、動きに躍動感がでるようマンガ版よりもシンプルに描かれている。

アニメは人気制作会社が担当

「Fate」シリーズや『空の境界』などで人気のアニメスタジオ・ufotableのアニメーション制作への起用もヒットに貢献した。クオリティーの高い作画や背景、丁寧な人間ドラマ描写が魅力のアニメをきっかけに、原作の魅力に気づき、ハマったファンも多いだろう。

ufotableの起用は、関係者が早い段階から『鬼滅の刃』のポテンシャルに期待を寄せていたことが伺える。予想外のヒットと思われがちな本作だが、むしろアニメ化以前から入念な準備があり、もくろみ以上のヒットを生んだと言ったほうが正確だろう。

★ヒットの理由2:全年齢型コンテンツ

ヒットの拡大は、「厚いファン層」も理由にある。読者層のボリュームのひとつが、小学生との指摘は多い。紙単行本の大ヒットは、電子コミックの決済手段を持たない子どもたちが支えているという話もある。

ヤングアダルト層(13〜19歳)の女性の間でも支持が高い。気弱なのにいざとなると強さを発揮する炭治郎の同期・我妻善逸(あがつま・ぜんいつ)や、クールだけど空気を読めない兄弟子・冨岡義勇(とみおか・ぎゆう)など、多彩なキャラクターが人気だ。さらにヤングアダルト層の男性やそれ以上の世代の男女など幅広い層から支持されている。

少年マンガが時として、多くの世代の男女から人気を集めるのは昔からしばしば繰り返されている。1980年代の『キャプテン翼』は、キッズや若い世代の男性に人気だったが、一方で若い女性にも熱狂的なファンは多かった。

逆のパターンでは、1990年代の少女マンガ『美少女戦士セーラームーン』は、当初は女児向けだったが、ヤングアダルト層の男性女性に人気を博し爆発的なブームにつながった。

特定の世代、クラスターだけではヒットに限界がある。想定した枠を打ち破り、複数のレイヤーに届いた時、作品は空前のヒットになる。子供から大人、男女を問わず共感を得ることで『鬼滅の刃』のブームは誕生したのだ。

魅力的な物語

★ヒットの理由3:のめり込みやすい設定

もちろん物語としての魅力もヒットに貢献している。それは誰もが愛し、はまりやすい設定だ。「鬼」と「鬼殺隊」の敵味方の対立がシンプルでのめり込みやすい。

また、鬼殺隊は複数の隊に分かれたチーム制、さらにそれぞれの隊は「柱」と呼ばれるリーダーを中心にヒエラルキーが設けられている。このなかで友情、ライバル、先輩後輩といった構図が生まれる。それぞれの立ち位置から多彩なキャラクター設定が可能になる。

こうしたシステムは、往年の大ヒット作『聖闘士星矢』、ジャンルが異なるが宝塚歌劇団にも共通する。

宝塚歌劇団では各役者への人気が、長い歴史を支えてきた。昔から続く物語の魅力を高めるためのシステムを踏襲したことも、『鬼滅の刃』の面白さの秘密のひとつでないだろうか。

★ヒットの理由4:偶然生まれた「枯渇感」

大ヒットの誕生には、しばしばいくつもの偶然の積み重ねがある。『鬼滅の刃』に偶然があるとすれば、2019年秋以降のマンガ単行本の供給不足かもしれない。

急速な売れ行きに対応できず、ピーク時は店頭でもネットでも、単行本が手に入りづらい時期が続いた。手に入りづらいとさらに所有欲をかき立てられるのが、人間の性だ。

品不足が話題に拍車をかけ、『鬼滅の刃』への関心と話題はファン以外にも広がりだす。それをきっかけに作品を手に取り、読みだせば面白い。スパイラル状に人気が積み上がっていく。

情報のデジタル化、SNS化が進む中で、現在は「手に入らない!」といったファンの声や、書店店頭の様子も可視化され、飢餓感も広範囲になりさらにかつてないスピードで共有される。決して仕掛けたわけではないが、ブームの広がりに2020年の社会状況は無関係でない。

2020年ブームはさらに加速する

2020年の大きなポイントのひとつは、すでに制作発表されている劇場版『鬼滅の刃 無限列車編』の行方だ。


2020年10月には「完全新作」の劇場映画が控えている(写真:アニメ『鬼滅の刃』公式サイトより)

テレビアニメがヒットした際、人気を持続させるためテレビ総集編を劇場版として制作するケースは多い。だが、2020年10月16日公開予定の劇場映画は「完全新作」となる。

テレビアニメ放送時、ヒットの規模が想像を超えたため、『鬼滅の刃』はマンガ単行本だけでなく関連商品の種類やサービス、企業タイアップ、コラボレーションも不足気味だった。そのため2019年はマンガとアニメのヒットこそ大きかったが、商品・サービス関連の二次市場は十分でなかった。

しかし劇場映画公開に合わせて、今後多くのキャラクターグッズやコラボレーションが展開されるはず。作品の露出機会は増える。

2019年はエンタメ業界にとっては「鬼滅の年」であったが、それがさらにブームを広げれば2020年は周辺市場も巻き込んだ「鬼滅の年」になるだろう。

さらに気になるのは海外の動向である。日本での大ヒットに比べ、海外ではまだ“空前の域”には達していない。今後鍵を握るのはテレビ放送だ。配信全盛とされる時代だが、ことアメリカに関しては、配信だけではアニメファン以外の広がりに欠ける。

今以上の認知獲得があるとしたら、テレビ放送をきっかけとしたブレイクだろう。北米で爆発的な人気を獲得した『NARUTO』や『ソードアート・オンライン』、『僕のヒーローアカデミア』はテレビ放送をきっかけに広く普及した。

いずれにしても短期間で高みに達してしまったがゆえ、今後どこに進むべきか方向性は想像もつかない『鬼滅の刃』。ブームの行く先に何があるのか。2020年はファンだけでなく、エンターテインメントビジネスの関係者の視線も集中しそうだ。