赤く囲っているのが「MY BEST PLAYER」。大久保は「別格」と語る中村を選んだ。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大 (全3枚)

 4月23日発売のサッカーダイジェストでは、「Jリーグ歴代ベストイレブン」と題し、現役選手や元日本代表など総勢50名に“マイベストイレブン”を選んでもらっている。人選の条件は現在までに登録されたJリーガーで、外国籍選手は3人まで。ここでは、J1最多の通算185ゴールを誇る大久保嘉人(東京V)の“マイベストイレブン”を紹介しよう。

――◆――◆――

 一緒にプレーして頼もしかった選手を主体に選びました。なかでも(中村)憲剛さんは“別格”。川崎でも代表でもこれほど呼吸が合った選手は他にいない。川崎時代は常に一緒にいたし、今でも家族ぐるみで飯に行ったり、阿吽の呼吸で分かり合える仲です。すべてのパスが受けやすく、トラップしやすいんですよね。普段はサッカーの話はまったくしないし、ピッチ内でもあまりコミュニケーションは取らんけど、いつもイメージどおりのパスが来る。間違いなく最高のプレーヤーです。

 ディフェンスラインはいずれも代表でともに戦った選手。闘莉王さん、中澤さんのふたりは外せません。南アフリカ・ワールドカップで一緒にプレーしても、どちらもドシッと構えていて安心感があって、ヘディングが強い。世界で戦えるCBコンビでした。

 右のウッチー(内田)、左の長友の両SBも実績が示す通りワールドクラス。ウッチーはスピードがあるし、ボールを持ち運ぶ力が代表でも抜群でしたね。南アフリカ・ワールドカップでは長友に助けられましたよ。左ウイングの俺がボールを持った時に、「パスは出さないかもしれんけど、とにかく走れ!!」って言ったら、必ず追い越して囮役になってくれた。実際にパスはあまり出さなかったですけど、それだけでも相手は惑わされるからすごく有難い。ずっと上下動ができる彼の無尽蔵のスタミナは魅力ですね。
 
 他に代表で会った選手の中ではヒデさん(中田)も強烈でしたね。経験豊富で「俺についてこい」というリーダーシップがある。身体が強いし、プレーでみんなを引っ張ることもできる。代表で一番頼りになった人です。ただなにかオーラがあって、初対面の時に、当時20歳くらいだった俺はかなりビビっていたのを覚えています(笑)。

 サイドハーフに置いたのは、俺がクラブでチームメイトだったふたり。セレッソで同僚だった(香川)真司はドリブル、パス、シュート、なんでもできるから、間違いなくどのチームも欲しがる人材やね。左におれば、なんでもやってくれるんじゃないかなと思う。

 アキ(家長)は川崎時代に、常人離れしたキープ力が頼りになりました。「今ボールを持っておけよ」っていうタイミングで確実にボールを収められる日本人はなかなかいない。真司とアキのふたりがサイドにいれば、攻撃のレパートリーはかなり増えると思います。
 一方でFWとGKは、同じピッチには立っていないけど、映像を観てインパクトを受けた人たち。

 前線は強烈。エムボマは左足のシュートが豪快でフィジカルが圧倒的だった。ああいうFWをマークするDFは嫌やろうなと。スキラッチは得点感覚が抜群。身長は大きくないけど嗅覚が鋭くて、90年のワールドカップで得点王を取れたのも納得。センスを感じるし、こういう選手はどこに行っても活躍できそう。それにでかいFWと組ませたら、いくらでもゴールを奪えそう。そういう意味でもエムボマとのコンビは良いと思う。スキラッチかフッキで迷ったけど、フッキの場合はエムボマと組ませた時に、ふたりとも左利きになってしまうからね。

 GKの(松永)成立さんは小学生の時にビデオで見て驚いた。身体能力が高く、対峙したくないタイプです。

 監督は風間さん。選手への伝え方が本当に上手くて、川崎時代に指導を受けてチーム全体が底上げされる感覚がありましたね。パスをつなぎ倒すスタイルも楽しいし、川崎でも名古屋でも実際にそれを貫いていてファンを魅了しているのは素晴らしいと思う。そしてなにより俺自身、あの監督の下で3年連続得点王になれた。感謝しかありません。

 戦い方はやっぱり超攻撃にいきたいですね。強いCB2枚と運動量のある長友に守備は頑張ってもらう。右サイドのウッチーにはつなぎ役。ヒデさんも攻撃的にいけるけど、俺的には憲剛さんにより前に出ていってもらうイメージかな。左の真司はパスやドリブルで打開できるし、右のアキはガンガン前にボールを運んでほしい。そんで、前線の助っ人ふたりも合わせてコンビネーションで崩して攻め勝つ!! そう考えると、結構バランス良くまとまったんじゃないかな(笑)

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

※『サッカーダイジェスト』2020年5月14・28合併号より加筆し、転載。

【PHOTO】カズは赤のスーツ、中山はドゥンガの代わり⁉その年のJリーグを彩った歴代MVPを一挙紹介!(1993〜2019)