画像はイメージです

写真拡大

鈴木美花(仮名・25歳)

 恋人とは、とても良好な関係だったのですが、ある時から夜の営みが全くなくなりました。原因は彼の腰痛です。元々、彼には持病があったのですが、私と出会って数か月した頃から、さらに悪化してきたみたいです。なので、数時間ごとに痛み止めを飲まなければならず、夜の行為どころではありません。

 そんな時、彼からよく聞かれていたのが、私の過去の性体験です。彼は当時、体の自由が利かないため、そういう話で自分を満足させようとしていたのかもしれません。それで、初体験から、今までしたことのある変わったプレイなど、様々なことを聞かれました。でも、私はそこまで恋愛経験が豊富ではないので、彼を満足させるようなエピソードはありませんでした。

 すると、ある時から「出会い系サイトで男と会ってきてほしい」と、驚きのお願いをされるようになります。しかも、会うだけでなく、最後まで行為をすることが条件で、わざわざ録音用のボイスレコーダーまで持たされました。当時の私は、それで彼が救われるならと、知らない男と会って抱かれる日々。そして彼は、録音した音声と私の感想を、パソコンの中でファイルにして、まとめていました。ですが、そんな生活を続けていくことが怖くなってしまい、「もうできない!」と彼に正直に話しました。あの時は、彼も私も異常だったと思います。その後、2人の関係はさらに冷めていき、別れました。
写真・Infinity Studio