京都1Rで5頭が落馬するアクシデント

写真拡大

 26日、京都競馬第1レース(3歳未勝利・ダ1200m)で、5頭が落馬するアクシデントが起こった。

 直線入り口で岩田康誠騎手のダイヴィンダートが転倒。その影響を受けて、松山弘平騎手のマーブルレディー、高倉稜騎手のアカツキリンダ、松若風馬騎手のアビーシュート、小崎綾也騎手のシャムエルも巻き込まれるかたちで転倒した。ゴール手前でサンマルマオリオ(畑端省吾騎手)も競走を中止し、出走馬16頭中6頭が競走中止となるアクシデントが発生した。

JRA女性騎手初の快挙!藤田菜七子がJRA通算100勝

松山、岩田が乗り替わり

 その影響を受け、松山弘平騎手は2レース以降の11頭、岩田康誠騎手は3レース以降の7頭すべてが乗り替わりとなった。