土居らタレント揃いの鹿島は、まさに”常勝軍団”と呼ぶに相応しい戦績。しかし唯一負け越している相手も。写真:田中研治

写真拡大 (全3枚)

 どんな人にも得意・不得意があるように、サッカーチームにもまた相性がある。

「この相手にはいつも良いイメージで臨める」

「なぜかこのチームには、毎回やられてしまう」

 実際に試合後の囲み取材で選手や監督からも何度かそんな言葉を聞いたことがある。そこで今回は、各クラブの相性を過去の対戦成績から探ってみた。対象はJ1の全18クラブ。対戦成績の内訳はJ1とJ2のリーグ戦のみ(チャンピオンシップやJ1昇格プレーオフなどを除いたレギュラーシーズンの試合)のものとした。

 前編では、札幌、仙台、鹿島、浦和、柏、FC東京、川崎、横浜、横浜FCの9クラブを検証する。

――◆――◆――◆――◆――

北海道コンサドーレ札幌
対仙台(16勝9分12敗)、対鹿島(1勝3分10敗)、対浦和(6勝4分8敗)、
対柏(6勝2分11敗)、対FC東京(6勝3分11敗)、対川崎(0勝5分17敗)
対横浜(2勝1分11敗)、対横浜FC(10勝9分12敗)、対湘南(15勝10分10敗)
対清水(8勝1分7敗)、対名古屋(6勝1分5敗)、対G大阪(4勝4分8敗)
対C大阪(8勝5分8敗)、対神戸(6勝4分10敗)、対広島(4勝3分9敗)
対鳥栖(19勝6分18敗)、対大分(7勝5分8敗)

 目につくのは川崎との相性の悪さだ。ここまでリーグ戦では1勝もできておらず、1999年からの22試合で完封したのはわずか1度のみ。その攻撃力に圧倒されてきた。一方で、近年、高い勝率を誇るのは清水戦。2006年以降は7勝1敗という好戦績だ。昨年8月には8−0の大勝を収めてもいる。
 
ベガルタ仙台
対札幌(12勝9分16敗)、対鹿島(7勝2分15敗)、対浦和(3勝10分15敗)、
対柏(9勝6分9敗)、対FC東京(9勝2分15敗)、対川崎(5勝9分18敗)
対横浜(6勝9分9敗)、対横浜FC(9勝8分5敗)、対湘南(22勝9分11敗)
対清水(8勝4分10敗)、対名古屋(9勝5分9敗)、対G大阪(5勝6分11敗)
対C大阪(9勝11分8敗)、対神戸(10勝6分10敗)、対広島(7勝7分11敗)
対鳥栖(23勝6分21敗)、対大分(7勝1分10敗)

 もっとも分が悪いのは浦和だ。2010年からの3年間は負けなしだったものの2013年からは1勝しかできていない。その主因は、天敵・興梠慎三の存在。なんと14試合で15ゴールを許してきた。堅固な守備組織の構築に定評がある木山監督が就任した今季は、“興梠対策”を徹底したい。

鹿島アントラーズ
対札幌(10勝3分1敗)、対仙台(15勝2分7敗)、対浦和(16勝10分14敗)、
対柏(20勝6分10敗)、対FC東京(20勝8分10敗)、対川崎(9勝7分16敗)
対横浜(19勝8分15敗)、対横浜FC(2勝0分0敗)、対湘南(9勝1分4敗)
対清水(20勝7分13敗)、対名古屋(23勝3分14敗)、対G大阪(16勝11分13敗)
対C大阪(15勝4分11敗)、対神戸(21勝7分10敗)、対広島(18勝8分13敗)
対鳥栖(7勝3分6敗)、対大分(11勝4分3敗)

 さすがは“常勝軍団”とも呼ばれ、主要タイトル20冠を誇る名門だ。17チーム中16チームに勝ち越している。しかし唯一負け越している相手が川崎。昨年11月の対戦で敗れ、優勝争いから引き離されたのは、記憶に新しいだろう。もっともその川崎相手にもリーグカップ、天皇杯、チャンピオンシップを含めると、19勝9分20敗とほぼ互角。カップ戦での強さが窺い知れる。
 
浦和レッズ
対札幌(8勝4分6敗)、対仙台(15勝10分3敗)、対鹿島(14勝10分16敗)、
対柏(15勝7分12敗)、対FC東京(20勝9分7敗)、対川崎(11勝8分11敗)
対横浜(13勝6分21敗)、対横浜FC(1勝0分1敗)、対湘南(14勝2分3敗)
対清水(18勝8分12敗)、対名古屋(16勝6分16敗)、対G大阪(10勝11分17敗)
対C大阪(11勝6分11敗)、対神戸(17勝6分13敗)、対広島(22勝5分9敗)
対鳥栖(8勝6分6敗)、対大分(11勝4分7敗)

 仙台に対して圧倒的な強さを誇るが、FC東京とも相性は抜群。2005年からの黒星は、2013年9月のわずか1回のみだ。一方で、要所で立ちはだかるのがG大阪。2006年には最終節の“頂上決戦”で勝利してリーグ制覇を成し遂げたが、2014年11月の“勝てば優勝”の一戦では敗戦。それ以外にも08年のACL準決勝、16年の天皇杯決勝などで行く手を阻まれている。まさに宿敵と呼べる相手だ。

柏レイソル
対札幌(11勝2分6敗)、対仙台(9勝6分9敗)、対鹿島(10勝6分20敗)、
対浦和(12勝7分15敗)、対FC東京(15勝4分13敗)、対川崎(11勝5分10敗)
対横浜(14勝9分13敗)、対横浜FC(3勝4分3敗)、対湘南(8勝4分2敗)
対清水(16勝4分14敗)、対名古屋(12勝8分14敗)、対G大阪(15勝3分16敗)
対C大阪(10勝6分8敗)、対神戸(21勝5分12敗)、対広島(13勝10分9敗)
対鳥栖(7勝7分6敗)、対大分(5勝7分4敗)

 通算成績では五分五分の仙台戦だが、2016年からのリーグ戦では1分5敗と一度も勝てていない。そのうち4試合は無得点と守備を崩し切れない傾向にある。ただ神戸は“お得意様”と言える。J2に降格した2018年シーズンでは一度敗れたものの、それまでは12年4月から無敗をキープしていた。特にホームでは14勝と滅法強い。
 
FC東京
対札幌(11勝3分6敗)、対仙台(15勝2分9敗)、対鹿島(10勝8分20敗)、
対浦和(7勝9分20敗)、対柏(13勝4分15敗)、対川崎(10勝9分15敗)
対横浜(17勝8分13敗)、対横浜FC(4勝0分0敗)、対湘南(9勝3分2敗)
対清水(19勝7分11敗)、対名古屋(17勝7分12敗)、対G大阪(14勝9分13敗)
対C大阪(8勝7分11敗)、対神戸(16勝10分8敗)、対広島(12勝7分15敗)
対鳥栖(10勝6分6敗)、対大分(13勝6分5敗)

 浦和との相性の悪さは前述したとおり。昨年3月の対戦では、先制しながらもラストプレーで追いつかれるという悲劇に。まさに鬼門となっている。翻って清水は与しやすい相手だ。2009年からのリーグ戦で敗戦は2回のみ(2012年4月、2018年9月の対戦)。今季の開幕戦でも先制されながらも見事に3−1で振り切った。
 
川崎フロンターレ
対札幌(17勝5分0敗)、対仙台(18勝9分5敗)、対鹿島(16勝7分9敗)、
対浦和(11勝8分11敗)、対柏(10勝5分11敗)、対FC東京(15勝9分10敗)
対横浜(13勝6分13敗)、対横浜FC(15勝2分1敗)、対湘南(15勝7分6敗)
対清水(12勝8分10敗)、対名古屋(18勝6分6敗)、対G大阪(10勝6分14敗)
対C大阪(9勝8分9敗)、対神戸(14勝6分8敗)、対広島(17勝7分10敗)
対鳥栖(24勝6分7敗)、対大分(9勝6分11敗)

 鹿島などの強豪にも負け越さず、多くのチームに対して高い勝率を記録する。札幌戦では無敗を誇り、名古屋戦では昨年は白星がなかったものの、2013年から9勝2分1敗と勝負強さを見せつけている。ただし、本領を発揮し切れていないガンバ戦は懸念。昨季の2試合がそうだったように、自慢の攻撃力が鳴りを潜め、逆に少ないチャンスを決められるパターンが目につく。

横浜F・マリノス
対札幌(11勝1分2敗)、対仙台(9勝9分6敗)、対鹿島(15勝8分19敗)、
対浦和(21勝6分13敗)、対柏(13勝9分14敗)、対FC東京(13勝8分17敗)
対川崎(13勝6分13敗)、対横浜FC(1勝0分1敗)、対湘南(11勝2分1敗)
対清水(17勝11分12敗)、対名古屋(13勝15分12敗)、対G大阪(18勝11分12敗)
対C大阪(10勝9分11敗)、対神戸(20勝11分7敗)、対広島(18勝6分14敗)
対鳥栖(8勝2分6敗)、対大分(10勝3分5敗)

 比較的得意とする相手が浦和と神戸だ。浦和には昨季はアウェーで3−0、ホームで3−1と快勝。さらに2015年からは6勝2分2敗の結果を残している。神戸に対しては2012年からわずか1敗。得点は1試合平均1.58点、失点は1試合平均0.87点と安定した戦いを見せる。しかしC大阪にはカップ戦を含めても2012年から一度も勝利していない。ディフェンディングチャンピオンとして、今季はその歴史に終止符を打ちたいところだ。
 
横浜FC
対札幌(12勝9分10敗)、対仙台(5勝8分9敗)、対鹿島(0勝0分2敗)、
対浦和(1勝0分1敗)、対柏(3勝4分3敗)、対FC東京(0勝0分4敗)
対川崎(1勝2分15敗)、対横浜(1勝0分1敗)、対湘南(13勝7分18敗)
対清水(0勝1分3敗)、対名古屋(1勝1分2敗)、対G大阪(0勝3分1敗)
対C大阪(2勝6分6敗)、対神戸(2勝2分5敗)、対広島(1勝1分7敗)
対鳥栖(12勝9分13敗)、対大分(5勝6分13敗)

 J2生活が長いため、対戦数自体が少ない相手も多い。またほとんどのチームに負け越している苦しい現状だ。唯一勝ち越している相手は札幌だが、2011年以降は3勝2分5敗と巻き返されている。今季からともにJ1に上がった柏とは善戦を繰り広げているものの、やはりJ1では苦戦を強いられそうだ。

<後編へ>