医療支援に寄付も 日本代表、2020年のオフィシャルスーツが登場

写真拡大 (全7枚)

日本代表のオフィシャルスーツを手掛けるdunhillが、2020年度の新作オフィシャルスーツを発表した。

2020 SAMURAI BLUE スーツ

2020 SAMURAI BLUE シャツ

2020 SAMURAI BLUE タイ

2020 SAMURAI BLUE ベルト

2020 SAMURAI BLUE ポケットスクエア

2020 SAMURAI BLUE タイバー

今年のモデルは、dunhillのスーツのハウスシルエット「ベルグレイブ」スタイルのツーピーススーツ。

SAMURAI BLUEをイメージしたグラフィカルなストライプに、カラーはdunhillのイギリス的なモチーフとサッカー日本代表チームを象徴するネイビーで統一し、モダンな装いに仕立てました。

さらに、白のシャツやネイビーのタイ、ポケットスクエア、タイバー、リバーシブルベルト等も販売します。

<#心をひとつに>というコンセプトには、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により困難な日々が続く中、勝負に挑む選手たちと一丸となって困難に挑み、心をひとつにすることで、平常な日々を取り戻したいという想いが込められています。

サッカー日本代表チームのアパレルプロバイダーであるdunhillは、<#心をひとつに>というコンセプトに則り、当コレクションを通して、特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパンの緊急医療サポート(ARROWS)に売上を寄付します。

4月24日(金)よりオンラインショップで発売中。詳しくは、公式HP(https://www.dunhill.com/jp)をチェックだ。