赤く囲っているのが「MY BEST PLAYER」。年齢を感じさせないカズのプレーを「いつまでも見ていたい」と願う。

写真拡大 (全4枚)

 4月23日発売のサッカーダイジェストでは、「Jリーグ歴代ベストイレブン」と題し、現役選手や元日本代表など総勢50名に“マイベストイレブン”を選んでもらっている。人選の条件は現在までに登録されたJリーガーで、外国籍選手は3人まで。ここでは、タレントでJリーグ名誉マネージャーの佐藤美希さんがセレクトした“マイベストイレブン”を紹介しよう。

――◆――◆――

 私がJリーグ女子マネージャーに就任した2015年の2月、カズさんのお誕生日をお祝いするため、クラブハウスに伺いました。とても紳士的に、温かく迎えてくださったカズさんは、そっと私の手をとって、優しいキスを……。

 人生で初めての経験。今でも忘れられない思い出です。オフシーズンのキャンプでは、練習を観に来ていたサポーター全員とコミュニケーション。そのサービス精神に驚かされました。私の両親とカズさんは同学年ですが、年齢をまったく感じさせないスーパーレジェンドですよね。プレーしている姿を、いつまでも見ていたい。

 今回、選んだ11人は、ボールを奪われない攻撃的なサッカーを展開。システムは3-5-2。前線はカズさんと、得点力があり、とにかくゴールに対する想いが熱い大久保選手の2トップです。
 
 中盤は5人。複数のポジションでプレーできて、ボール奪取能力も高い今野選手をアンカーに。今野選手の前方、右の中村憲選手の目がいくつもついているかのような視野の広さと、ゴールに直結するパスの技術には、いつも驚かされます。毎年変わるゴールパフォーマンスも楽しみです! 左の遠藤選手は、常に冷静でご自身を客観視してプレーしていると思います。一瞬で攻撃チャンスを作る判断力とパス、キックの技術も素晴らしい。

 攻撃的MFはふたりで、中村俊選手の試合を決めてくれる決定力と、FKの技術はトップクラス。小野選手のテクニックは圧巻で、プレーがキレイで美しい。選手からの人望の厚さも大きな魅力です。

【PHOTO】可愛い笑顔でJリーグをPR‼“サトミキ”がサッカーダイジェスト編集部を訪問‼
 最終ラインは3バック。相手に抜かれないフィジカルと空中戦の強さを誇る中澤さん、1対1で簡単に負けず、得点力とキャプテンシーを兼備する闘莉王さん、FWに負けないスピードを備え、2016年のクラブ・ワールドカップではあのクリスチアーノ・ロナウドと渡り合い、Jリーガーの実力を世界に示してくれた昌子選手の3人です。

 守護神は川口さん。メンタルの強さはGKの中でトップクラスだと思います。ここぞという時にスーパーセーブを見せ続けてくれる安心感とワクワク感にも惹かれます。

 そして、私の選んだベストイレブンを率いるのは、森保一監督です。信頼感があり、人間力を感じます。取材時など、Jリーグに関わるすべての方々への感謝の気持ちを常に忘れない。代表監督でもあり、きっとチームを強くしてくれるはずです!

※『サッカーダイジェスト』2020年5月14・28合併号より転載。一部、加筆・修正。