肩を組むクリスティアーノ(右)とヒシャルジソン(左)。J・サントスとM・サヴィオも含め、ブラジル人4人組は仲が良さそうだ。写真●茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 今季の柏には、クリスティアーノ、ジュニオール・サントス、マテウス・サヴィオ、ヒシャルジソンと、ブラジル人助っ人4名が所属する。在籍歴最長のクリスティアーノに、他3人について話を聞くと、人柄が分かるエピソードを明かしてくれた。
ジュニオール・サントス
「本当に面白いやつなんだ。ロッカーでは、誰が何を話しているか、ほとんど聞いていない(笑)。パリチーニョっていう、つまようじを3つに割って数を当てるゲームがあるんですけど、それをしている時も彼を見ていると本当に笑ってしょうがない。注意を払っていないというか、誰が何を話しているとか聞いていないんですよね。そんなマイペースなところが彼らしくて、みんなを和ませてくれるんだよ」

マテウス・サヴィオ
「とても良いやつだけど、ちょっとドジ。以前、夜に車で家まで送った時、『家どこ?』と聞いたら『分からない』って。急に『あ、後ろ!!』と言われた時には過ぎていた(笑)。夜暗かったんで、分からなかっただけだと思うけど」

ヒシャルジソン
「ブラジル人で集まるとワイワイしている明るい雰囲気になるんだけど、実はヒシャだけは落ち着いているんだ。でも、決して口数が少ないわけではなくて、しっかり者という印象かな」

 今季は札幌との開幕戦にクリスティアーノとヒシャルジソンが出場。M・サヴィオとJ・サントスは出番はなかったが、いずれも重要な戦力であることに間違いはない。リーグ戦再開後も、ブラジル人助っ人たちのピッチ内外での、コンビネーションに注目だ。

取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)