ラベルにはマンガ家・石川雅之氏による「アマビエ」のイラストが

写真拡大

神奈川県・厚木市のビール会社「サンクトガーレン」が、疫病を鎮めるといわれる妖怪・アマビエのビール「アマビエIPA」(税別460円)を 2020年4月28日(火)から発売する。

「アマビエIPA」のアルコール度数は7%とちょっと高め

「アマビエ」は江戸時代に現れたとされる半人半魚の妖怪で、長い髪に鳥のようなクチバシ状の口、菱形の目や耳、体には魚のように鱗があるのが特徴。"疫病が流行ったら、私の絵を描いて人々に見せよ"と言ったと伝えられ、厚生労働省も新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ啓発画像として起用したことで話題となった。また、イラストがSNS上で多数投稿されたり、アマビエ関連の商品が登場している。

「サンクトガーレン」は、夏のビールイベントの中止を報告するSNSの投稿に、ウイルス終息の願いを込めた「アマビエ」の絵を貼った架空の瓶ビール写真をアップしたところ、「本当に発売してほしい」という反響があったことで、商品化を進めたという。

「アマビエIPA」は柑橘系アロマが特徴の7種類のホップを使用し、香りだけではなく、果汁まで入っているのではないかと思わせるジューシーさがある。また、ラベルの「アマビエ」イラストは、「もやしもん」などで知られる漫画家の石川雅之氏によるものだ。

同商品は、新型コロナウイルスが収束するまで製造を行い、利益は「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金」に随時寄付するという。

同社のオンラインショップ(https://www.sanktgallenbrewery.com/AmabieIPA/)では、先行予約受付中で、初回 3,000 セットはオリジナルステッカーが付く。