○Microsoft 365登場、同時に「Microsoft Editor」がブラウザに対応

Microsoftは4月21日(米国時間)、「Microsoft 365 helps you and your family connect, work, and learn from home」において、これまでOffice 365の名称で提供してきたサービスを「Microsoft 365」にブランド名を変更したと発表した。同時に、次の2つのサービスをローンチしたことも伝えている。

Microsoft 365 Personal

Microsoft 365 Family

MicrosoftはこれまでOffice 365の名称で提供してきたサービスを「Microsoft 365」の名称にリブランドしていくと説明している。いくつかのサービスはOffice 365の名称が維持されているが、基本的にはMicrosoft 365へ統一していく意向だ。どのように名称が変更されたかを知りたい場合は、「マイクロソフト、Office 365から「Microsoft 365」へブランド名変更」などを参照いただきたい。

Microsoftはこの発表の中で、文章の校正を支援する機能「Microsoft Editor」をMicrosoft EdgeおよびGoogle Chromeでも利用できるようにしたと発表した。この機能により、AIベースの校正機能を利用することが可能になる。以下、この機能の使い方を紹介しよう。

○Microsoft Editorで賢く校正しよう

Microsoft Editorは、人工知能技術を活用してより高度な校正が可能とされている。今回の発表で注目すべきは、この機能がMicrosoftの特定のWebアプリケーションで利用できるようになったことではなく、Webブラウザの拡張機能として提供された点にある。Microsoftのサービス以外でもこの支援機能が利用できるということだ。FacebookやTwitterなどで文章を入力する段階で、自動的に文章の校正が行われるようになる。本稿執筆時点では、

Microsoft EdgeとGoogle Chrome向けの拡張機能が提供されている。

提供される支援機能は主に次の3つ。

スペルチェック機能

文書校正機能

表現方法の改善を提案する機能

本稿執筆時点で、Microsoft Editorが対応するとしている言語は次のとおり。

この手の機能では日本語が支援対象外であることが多いが、Microsoft Editorでは日本語も対象になっている。Microsoft Editorの拡張機能はさまざまなWebページで機能するとされている。

○Microsoft Editor Webブラウザ拡張機能をインストール

Microsoft EditorのWebブラウザ拡張機能は次のページ経由でインストールできる。

Microsoft Editor - Chrome Web Store

Microsoft エディター - Microsoft Edge Addons

Microsoft Editor拡張機能をインストールすると、次のスクリーンショットのようにWebブラウザの右上にMicrosoft Editorのアイコンが表示されるようになる。使い出す前に、このアイコンをクリックしてダイアログを表示させ、Microsoftアカウントを使ってサインインを行う必要がある。

Microsoft Editorの機能を使い出すにはサインインが必要

無償のMicrosoftアカウントでサインインした場合、文章校正機能まで使うことができる。Microsoft 365が有効になったアカウントでサインインした場合、さらに高度な編集支援機能が動作するようになる。

サインインが完了すると、次のように同じアイコンをクリックするとどの機能が有効になっているのかを確認できる。

サインイン後に編集支援機能を利用できるようになる

支援対象となる言語はWebブラウザが認識しているデフォルトの言語となる。日本語環境で使っているなら「日本語(日本)」が候補になっているはずだ。ダイアログの右上にあるギアのアイコンをクリックするか、言語が表示されている部分をクリックするとより詳細な設定ページが表示されるようになる。この詳細ベージではMicrosoft Editorの機能を無効化するページの追加なども行うことができる。

Microsoft Editorの詳細画面

校正言語を別の言語に変更すると、Microsoft Editorの動作も変わる。次のスクリーンショットは対象を「English (United States)」に変更したものだ。この状態では日本語の文章に対しては編集支援機能は動作しなくなる。

対象言語を「English (United States)」に変更した場合

○Microsoft Editorの使い方

Microsoft Editor拡張機能は多くのWebサイトに対応しているので、これまで通りに使っていれば自動的に支援機能が動作する。例えば、次のスクリーンショットはFacebookで投稿を作成している時のものだ。この状態ではMicrosoft Editorは機能していないので、いつもどおりの表示が行われている。

Microsoft Editorが機能していない状態でのFacebookにおける投稿

次は、Microsoft EditorをインストールしたGoogle Chromeから同じ投稿を行おうとした場合のスクリーンショットだ。助詞が連続して誤った入力になっている部分に注意を促す下線が表示されていることを確認できる。

Microsoft Editorによる日本語文章校正機能が動作している

次のスクリーンショットは、校正言語を「English (United States)」に変更した状態のものだ。ミススペル部分に下線が表示されるようになっている。

校正対象を英語に変更した場合の表示サンプル

このように、Microsoft Editorの支援機能はインストールするだけで自動的に動作する。使っていて今のところ動作の重さが気になることはない。懸念事項がなければ、この拡張機能を使ってみてもよいと思う。簡単な入力誤りなどを入力時に気がつけるようになる可能性がある。

ただし、まだ対応していない人気サイトもある。例えば、Googleドキュメントはまだ対象外とされている。今後、より多くのサイトでMicrosoft Editor拡張機能が動作するようになることが期待される。

○ほかの文書校正機能はオフにしておく方がよい

Microsoft Editorの拡張機能は他の拡張機能と競合することがある。もし、Microsoft Editorの拡張機能をインストールしても思ったように利用できない場合は、ほかの支援機能は一旦無効にしてみよう。無効化したあとにMicrosoft Editorが機能するようになったなら、機能が競合していたことになる。

別の言い回しを提案するといったより高度な編集支援機能を利用したければ、Office 365のサブスクリプションを購入する必要があるが、人によってはこちらの機能が業務を大きく手助けする可能性がある。Office 365にはトライアル期間が用意されているので、一度機能を試して見てもよいだろう。今後どのようにサービスの改善や拡張が進められるのか楽しみなサービスだ。