今年はヴィッセル神戸が掲げた天皇杯。第100回大会はJリーグから2チームのみの出場となるようだ。写真:徳原隆元

写真拡大

 JFA(日本サッカー協会)の天皇杯実施委員会は、「天皇杯JFA第100回全日本サッカー選手権大会」の大会方式を大幅に変更することを発表した。

 これまでは、全国88チームによるノックアウト方式で行なわれており、今大会は5月23日、24日に開幕する予定だった。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため4月7日に延期を発表していた。

 また、JFAのホームページによると、現在全国で緊急事態宣言が出されており、各種大会の延期・中止が相次いでいること、また何よりも J リーグのレギュラーシーズンの消化を考慮して「第100回天皇杯に限って出場チームを50チームに絞った7回戦のノックアウト方式とし、9月の開幕としました」と説明した。

 そのうえで現時点での開幕日を9月16日(水)に設定。1回戦から都道府県代表32チームが、9月23日(水)の2回戦からアマチュアシード(Honda FC)、残りの都道府県代表15チームが出場する。JリーグからはJ1リーグの成績上位2チームのみが12月27日(日)の準決勝から出場し、2021年1月1日(金・祝)に決勝を開催する。

 またJFAは、今後の新型コロナウイルスの流行状況によってスケジュール変更がある場合は改めて発表するとし、今回発表された概要については、「5月の理事会での決議事項となります」と報告している。

 一方で都道府県の代表47チームに関しては、所属する第1種加盟チームでJクラブを含まない事を決定し、Jリーグからの代表2チームについては、現在決定方法を検討中だという。
 
 第100回天皇杯のスケジュール予定は以下の通り。

1回戦【9月16日(水)】※都道府県代表32チーム出場
2回戦【9月23日(水)】※アマチュアシード、都道府県代表15チーム出場
3回戦【10月28日(水)】
4回戦【12月12日(土)、13日(日)】
準々決勝【12月19日(土)、20日(日)】
準決勝【12月27日(日)】 ※J1リーグ2チーム出場
決勝【1月1日(金・祝)】

構成●サッカーダイジェストWeb編集部