ふたりともパーカコーディネート

写真拡大

 4月中旬の昼下がり、小澤征悦(45才)とともに彼の自宅から出てきた華奢な女性は、時折、長身の彼を見上げながらうっすら微笑む。

【写真10枚】迎えに来た小澤の愛車に乗り込む桑子アナ

 ビッグシルエットのパーカの下には緑と黒のボーダーワンピース。バレンシアガのキャップとトム・フォードのサングラスにバッグはロエベ…少し不ぞろいなコーディネートに見えるのは、今日は彼氏とのおうちデートだったから──。

 小澤は、芸能界きってのモテ男。かつて、杏(34才)と滝川クリステル(42才)が4年にわたって彼をめぐる争奪戦を繰り広げたこともある。その小澤が選んだ新たなお相手は、NHKの桑子真帆アナウンサー(32才)だった。ひとまわり以上離れた小澤と桑子アナは、昨年から人知れず愛を育んできた。

 桑子アナは2010年にNHKに入局。2015年に『ブラタモリ』のアシスタントに抜擢されると、タモリが「お高く止まってないし、いい子」と絶賛したことも手伝って、一躍人気アナに。以後、2017年から2年連続で紅白歌合戦の総合司会を務め、2018年の平昌五輪開会式のキャスターを任されるなど、NHKの看板アナに成長した。現在は『NHKニュース おはよう日本』のメインキャスターを務めている。

 NHKの報道の顔ともいえる桑子アナと、数々の作品で多彩な表情を見せる演技派俳優。ふたりの接点はいったい何だったのか。

「数年前から共通の知人を介して食事をしたことがあったそうです。その知人とは、俳優の和田正人さん(40才)。小澤さんと和田さんはドラマで共演していて、公私ともに仲がいい。一方で、和田さんは桑子さんとも親友なんです。

 ふたりが急接近したのは去年の春ぐらいかな。桑子さんが引っ越した先が、小澤さんの自宅の目と鼻の先だったんです。彼女が追いかけていったのでしょう。最近はよく彼の家で“デート”しているようです」(桑子アナの知人)

 独身を貫いてきた小澤と違い、桑子アナはバツイチ。2017年5月にフジテレビの谷岡慎一アナ(33才)と“局またぎ婚”をしたが、わずか1年で結婚生活にピリオドを打った。離婚の理由は「多忙によるすれ違い」と報じられたが、内情は少し異なるという。

「結婚当時、桑子さんは、谷岡さんが夜遅くまで飲み歩いていることを愚痴っていましたが、それはお互い様。彼女も当時からよく飲み会に参加していました。互いにほかの人と飲みに行く時間はあったけど夫婦の時間を大事にしようと思えなかった、ということでしょうね。

 桑子さんは離婚直後も、業界人の多い店で飲む姿もよく見かけられていました。仲間内では“すぐに大物をゲットするのでは”といわれていました」(前出・桑子アナの知人)

 一方の小澤。世界的指揮者・小澤征爾(84才)を父に持つセレブであり、その育ちのよさも多くの女性を惹きつけるのだろう。前述のように、杏と滝クリが彼をめぐりバトルを繰り広げたほどだ。

「最初に小澤とつきあったのは杏でしたが、その後、滝クリとのデートが発覚。杏が奪還と報じられたかと思えば滝クリが再奪還。滝クリとは結婚間近と目されていましたが、2015年に完全破局と報じられました。ただ、腐れ縁なのか、昨年の春頃まで頻繁にふたりの姿が目撃されていました」(スポーツ紙記者)

 小澤と桑子アナには、元パートナーにまつわる共通点がある。

「滝川さんが去年の夏に結婚しましたが、実は谷岡アナも最近、再婚したようなんです。もちろん桑子さんも知っています。何やら焦る気持ちもあるようです」(前出・桑子アナの知人)

 ちなみにフジテレビは、谷岡アナの再婚は「事実です」(広報室)と回答した。

 桑子アナは、この3月末に夜のニュース番組『ニュースウオッチ9』から朝の『おはよう日本』に異動したばかりで、昼夜が逆転した。

「桑子アナの交際を知って行われた人事ではないでしょうが、彼女はつらいでしょうね。平日は午前2時に出勤し、昼頃仕事が終わるというスケジュールですから。いくら時間が不規則な俳優さんとはいえ、会える時間は限られるでしょう」(前出・桑子アナの知人)

 ふたりの交際について、NHKは「職員のプライベートについてはお答えしていません」。一方の小澤の所属事務所は「プライベートは本人に任せています」と答えた。

 冒頭のシーンに戻ろう。この日は、桑子アナの数少ない休日。前日は小澤の家に泊まっていたようだった。徒歩で数分の自宅に帰った桑子アナだが、すぐに小澤が愛車で迎えにきた。片時も離れたくない、ということなのだろうか。自宅に車内にとふたりの時間は続いた。

※女性セブン2020年5月7・14日号