テレワークのはずなのに、上司に出社を強要されるケースもあるようだ。東京都内の建設会社の営業職の40代男性は、会社はテレワークを推進しているが、所属しているチームの上司から出社を命じられている。「計画数値が各部署に与えられているので、休んでいる場合ではない」という理由だ。現地に行かないといけないので、テレワークは不可能だ。

上司は「在宅したといえば問題ないだろう」といい、勤務表はウソの入力をするよう指示されたという。妻は「ウイルスは持ち帰らないでほしいので、テレワークにしてほしい」というが、「コロナが終息した後に働きづらくなる」と思い、我慢している。

ブラック上司「コロナなんて、かかるわけないじゃんン」

自動車部品製造の事務職(女性20代)の会社でも、テレワークを推進しているが、それは建前で、上司に相談すると、「(新型コロナウイルスに)かかるわけないじゃん」。彼女は「反論したかったが、言葉が出なかった」と話す。

それでも、テレワークを要求すると、「在宅勤務するくらいなら、有給休暇を取れ」と言われた。約500人が働く会社で、食堂は時間をずらしていないので、相変わらず密集状態である。

司会の加藤浩次「会社はテレワークといっても、直属の上司がNOという会社も多いんですね。俺はかからない、大丈夫だという人はいるんだね」

キャスターの近藤春菜「みんながテレワークのことを言っているのに、上司はなぜ理解できないのかなあ。それが理解できない」

河瀬直美(映画監督)「映画だと、ダメダメ上司ですが、氷山の一角だと思いますね」

宮崎哲弥(評論家)「この上司、パワハラだと思います」

こういう会社は、コロナ対策だけでなく、他の職場環境もブラックなのだろうな。