BetaNewsは4月20日(米国時間)、「Microsoft adds coronavirus updates to Windows 10」において、MicrosoftがWindows 10に新型コロナウイルスの最新データ(トラッカー、ニュース、リソースなど)へアクセスする機能を追加したと伝えた。

検索ツールを表示させると、新型コロナウイルスの最新データへアクセスするためのリンクが表示されるようになっており、対象をクリックすることでデータを表示することが可能。

新型コロナウイルスに関するアクセスがWindows 10の検索ツールに追加された

検索ツールに表示される「新型コロナウイルスの最新情報を取得」から「対話型のマップを表示」または「ヘッドラインを見る」をクリックすることで、それぞれの最新データを表示させることができる。

「対話型のマップを表示」をクリックして表示されるページのサンプル

「ヘッドラインを見る」をクリックして表示されるページのサンプル

BetaNewsは、この機能は少なくともWindows 10 October 2019 Updateを実行しているすべてのユーザーが利用できると説明している。

なお、該当するバージョンを使っているにもかかわらず、検索ツールを表示しても新型コロナウイルスに関する情報が現れない場合、「COVID-19」などのワードで一度検索を実行することで表示されるようになることがある。