ティーラシンは、クラブと自身のSNSを通じて第二子誕生をファンに報告した。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 清水エスパルスのFWティーラシン・デーンダーは4月21日、第二子の男の子が誕生したことをクラブ公式サイトと自身のインスタグラムで発表した。
 
 ティーラシンは現在、家族と離れ日本で単身赴任中。新型コロナウイルスの影響もあり、母国へ帰国して出産に立ち会うことは叶わなかったが、クラブを通じて妻への感謝と喜びを語っている。
 
「二人目の子供が無事に生まれてきてくれました。とても嬉しく、ワクワクしています。近くにいることができなかったので、少し心配でしたが、妻が頑張ってくれて、二人とも元気で安心しました。早く会えることを願っています」
 
 またティーラシンは、自身のインスタグラムで、「あなたたちに会いたい!」と、妻と産まれたばかりの息子の2ショットを公開している。この写真に同僚らも、拍手の絵文字で祝福。DF金井貢史は、タイ語で「おめでとう」とお祝いのコメントを寄せた。
 
 タイ代表通算100試合以上の出場実績を誇る“タイの英雄”へ向け、母国のファンからも「可愛すぎる!」「強い子に育ちますように!」など650件を超えるコメントが届いている。タイで愛され続けるストライカーの、Jリーグでの活躍にますます期待したい。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部