パナソニックは4月20日、新型コロナウイルス感染の長期化とそれに伴って医療物資が不足するなどの深刻な状況を踏まえ、不足物資提供などの支援を行うと発表した。

その一環として、コネクティッドソリューションズ社が保有するクリーンルームにマスク生産設備を導入し、主に社内向けのマスク生産に着手する。医療用マスクの生産についても検討する。

また、備蓄している医療用手袋、医療用ゴーグル、防塵服、N95 マス

ク、ゴム手袋等、医療用に転用可能な物資を寄付するとともに、次亜塩素酸を用いた空間除菌で高い評価を得ている「ジアイーノ」を医療機関に寄付する。

そのほか、病院での薬剤・検体などの自律搬送ロボットとして実績のある「HOSPI」に除菌剤噴霧機能を搭載した、自律移動による空間除菌ソリューションを提供する。

自律搬送ロボット「HOSPI」