山口が活動休止期間を延長

写真拡大

 レノファ山口FCは21日、トップチームの活動休止期間を延長することを発表した。

 これは新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大されたことを受けたもので、新たな活動休止期間は5月6日までとなっている。また、今月22日から5月6日まで事務所を休業することも併せて報告した。

 クラブは公式サイト上で「皆様にはご不便をお掛けいたしますが、感染拡大防止のため、ご理解とご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます」とコメントしている。