「どこかでゆるくつながる場所を。生存戦略としてカルチャーを:WIRED DEPOT #3 但木一真」の写真・リンク付きの記事はこちら

新型コロナウイルスが猛威を振るう世界において、人類の合言葉となった「ソーシャル・ディスタンシング」。日々繰り返されるそれは、ウイルスの流行が終息したあとも、しばらくわたしたちの生活に面影を残すのかもしれない。

そんなとき、人々の間に空いた物理的距離を埋めるのは、オンラインで「ゆるくつながれる場所」なのではないかと、ゲーム/eスポーツ業界アナリストであり、「WIRED.jp」で「ゲーム・ビジネス・バトルロイヤル」を連載する但木一真は話す。

picture alliance/GETTY IMAGES

Discord

コロナ前もコロナ後も、人の意識が大きく変わることはないだろう。ゆっくりとした速度ではあるけれど、コロナ前と同じように、われわれは人と会い、食事をし、スタジアムで応援し、クラブで踊る生活に回帰していく。“行きて帰りし物語構造”が意識の根底にまでしみ込んだわれわれにとって、いままで通りに戻ろうとする欲望は限りなく強い、はずだ。

しかし、禍のあと元に戻った世界には、「ソーシャル・ディスタンシング」という考え方がうっすらと響き続けるだろう。「人との距離を空け、密集を避け、可能な限りリモートで」と繰り返されてきたコードは、現実世界で誰かと交流をしようとする意識の下で警告を発する。「わたしたち、もうちょっと距離を置いたほうがいいんじゃない?」

ぽっかり空いたその距離を埋めるのはオンライン(つまり距離を置いたまま)の交流だろう。「Discord」は、無料でオンラインの交流の場をつくることができるサーヴィスだ。サーヴァーを立て、テーマ毎に複数のチャンネルをつくり、集まったメンバーで会話する。TwitterやInstagramのように不特定多数の人に情報を発信するのではなく、同じ趣味・嗜好をもった人や、共同作業を行う人がコミュニケーションをするためのツールなのである。

もともとゲーマーのためのツールとしてリリースされたDiscordだが、いまではゲーム以外のジャンルのコミュニティ運営にも活用されている。どんなジャンルでも構わない。趣味や嗜好の場にしてもいいし、店や施設、企業が使ってもいい。コロナ後に物理的距離ができてしまった人たちには、なんとなくゆるくつながる場所が必要だ。Discordでサーヴァーを立てるには1分もかからない。誰でもできる。

SNSやオンラインサーヴィスに親しみがある人にも、いままでそのようなものを使ったことがない人にも、どこかでゆるくつながる場所を。

カルチャーの役割・テクノロジーにできること

家にいるだけで世界を救える。映画のキャッチコピーのようだ。「家にいよう」。でも、何をするの? 特に何も。

忙しいときには自由な時間を切望していたのに、いざ手に入るとどうしていいかわからなくて、退屈する。どんな立場の人間も退屈するし、その退屈に耐えられない。

今回のパンデミックでは「家にいよう」という施策が普遍的な解決策として世界中で採用された。次に来るかもしれないパンデミックでは「家にいよう」が予防策として講じられる可能性もある。結果、いつかまた退屈はやってくる。

ここまで多くの人が退屈に悩まされたことは、歴史上ないかもしれない。退屈とは裕福な人の特権だった。それなのに、いまはぎりぎりの生活をしている人さえも、仕事ができず、家で退屈と戦わなければならない。

この未曽有の戦いに最も適した武器は、カルチャーを楽しむことだ。インターネットにつながる端末さえあれば、コンテンツは無限に供給される。退屈をしのぐのではなく、退屈を忘れて夢中になることができれば、コロナ禍以降の隔離された社会で生きるために、随分と気が楽になる。

家にいるだけで世界を救う、そして退屈しないために、生存戦略としてカルチャーを楽しむことが必要だ。

但木一真|KAZUMA TADAKI
ゲーム業界のアナリスト・プロデューサー。著書に『eスポーツ産業における調査研究報告書』(総務省発行)、『1億3000万人のためのeスポーツ入門』〈NTT出版〉 がある。「WIRED.jp」にて、ゲームビジネスとカルチャーを読み解く「ゲーム・ビジネス・バトルロイヤル」連載中。特集「WIRED DEPOT」失ってはならない「越境への意思」:WIRED DEPOT #1 松島倫明怒ることの練習:WIRED DEPOT #2 樋口恭介どこかでゆるくつながる場所を。生存戦略としてカルチャーを:WIRED DEPOT #3 但木一真ソーシャル・ディスタンシングによる「過度さのリバランス」:WIRED DEPOT #4 佐宗邦威「寛容な世界」のために、自分には何ができるだろうか:WIRED DEPOT #5 北村みなみ変わりゆく生活のなかで、変わらないルールと戯れる:WIRED DEPOT #6 ミヤザキユウ