栃木SCは20日、トップチームの活動自粛期間を延長することを発表。今月22日までとしていたが、5月6日までとした。

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、栃木は今月5日から活動自粛に。しかし収束が不透明となっている現状を鑑み、クラブはさらなる延長を発表した。

 クラブ公式サイトによると、5月7日以降も「政府の見解や自治体の要請内容、感染症の発生状況などを鑑みて対応を検討し、変更がある場合には、決定し次第お知らせいたします」と状況次第の対応にすると伝えている。