中国・武漢市の臨時病院 医師らの靴底にウイルスが付着し拡散される?

ざっくり言うと

  • 武漢の臨時病院における新型コロナウイルス汚染状況の調査結果が発表された
  • 一部の医師らの靴底にウイルスが付着し、薬剤部などに拡散していたという
  • また、ウイルスを含む微粒子が約4m飛散した可能性が示された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x