©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

4月20日(月)の『徹子の部屋』には、書道家の武田双雲が登場する。

©テレビ朝日

現在は書道という枠に収まらずアーティストとしても活躍し、色彩を使った作品を数多く発表。そんな作品が生み出されるアトリエの映像を紹介する。

武田は8年前に「胆のう摘出手術」を行った。黄疸という顔が黄色くなる症状を息子の智生(ともき)くんが見つけてくれ、一命を取り留めたという。

©テレビ朝日

中学生の智生くんは、ボランティア活動に力を入れているため、ユニセフ親善大使として活躍する黒柳を前に緊張した様子だ。

今回は武田にくわえ、智生くんにも書を披露してもらう。「武田双雲の息子というだけで、書道がうまいと思われる…」という智生くんの腕前は…?