2020年クラシック候補たち
第12回:スカイグルーヴ

 4月12日に行なわれた牝馬クラシック第1弾のGI桜花賞(阪神・芝1600m)は、2番人気のデアリングタクトが快勝。無傷の3連勝で一冠目を手にした。

 最後の直線では馬場悪化で各馬が伸び悩むなか、1頭だけ大外から強襲。完全な勝ちパターンだった1番人気レシステンシアも、ゴール前できっちり差し切った。その盤石の内容から、GIオークス(5月24日/東京・芝2400m)での二冠達成も濃厚と見られている。

 しかし、そのオークスでは、別路線から戴冠を狙う大物がいる。美浦トレセンの木村哲也厩舎に所属するスカイグルーヴ(牝3歳/父エピファネイア)である。

 祖母がGI2勝のアドマイヤグルーヴ。叔父には二冠馬のドゥラメンテがいる。さらに、曾祖母がエアグルーヴという、まさに日本屈指の血筋からなる良血馬だ。


桜花賞とは別路線から、オークスでの戴冠を狙うスカイグルーヴ

 デビュー戦となった2歳新馬(11月3日/東京・芝2000m)では、単勝1.4倍という断然の1番人気に推された。そして、その期待に応える圧巻の走りを披露した。

 スカイグルーヴは押し出されるように先頭に立つと、4コーナーまでゆったりと馬群を引っ張っていった。直線、他の馬たちは一斉にスパートをかけるが、先頭をいくスカイグルーヴの鞍上、クリストフ・ルメール騎手は手綱を持ったまま。それでも、懸命に追う他馬を尻目に、その差はグングンと広がっていった。

 終わってみれば、2着に5馬身差をつける圧勝。話題の血統馬がその素質の高さを存分に見せつけ、いきなりクラシックの有力候補として脚光を浴びることになった。

 2戦目には、GIII京成杯(1月19日/中山・芝2000m)に挑戦。牡馬混合の重賞ながら、ここでもスカイグルーヴは1番人気の支持を得た。

 レースでは、2番手を追走。3コーナーを過ぎると、楽に先頭に立って、直線入り口では早々に抜け出す形となった。

 初陣同様、直線では後続を突き放して、誰もがスカイグルーヴの勝利を確信していた。が、後方から1頭だけ、凄まじい追い上げを見せたクリスタルブラックの強襲に屈し、半馬身差の2着に終わった。

 スカイグルーヴはその後、桜花賞には向かわず、オークスに照準を合わせることになった。そうして、まずは前哨戦のGIIフローラS(4月26日/東京・芝2000m)に臨む。

 同馬について、厩舎スタッフはどう見ているのか。関東競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「前走の京成杯については、まさに展開のアヤで負けた一戦。実際に陣営も、『1頭、早めに抜け出す形となって、馬が完全に気を抜いてしまった』と話しています。周りの馬がもう少し抵抗していれば、最後まで集中して走れた、と踏んでいます。能力の高さがアダになったとも言えますね」

 そのため、京成杯の負けは、まったく悲観していない。以降、オークスに向けての調整は順調なようで、陣営も手応えを感じているという。トラックマンが続ける。

「初戦は逃げる形になりましたが、2戦目は2番手で折り合っていましたし、『操縦性には何ら問題はない』とのこと。もっと後ろから競馬をしてもいい、といった考えもあるみたいですよ。馬体もスラッとして、距離延長は歓迎のようです。

 心配な点を強いて挙げれば、馬体重が440埖罎半さく、あまり調教で攻められないこと。強い負荷によって、馬体が減るのは避けたいですから。

 とはいえ、2戦目はプラス体重で出走。ことさら強い調教をしなくても、十分なパフォーマンスを発揮できることはわかっています。大きな不安材料にはならないでしょう」 はたして、スカイグルーヴはフローラSでどんな走りを見せるのか。結果次第で、「打倒・デアリングタクト」の最右翼に浮上することは間違いない。