画像はイメージです

写真拡大

 全方向から見て、コントレイルが良さそうです。但し、敢えて言うなら、過去10年は、内枠は良いのですが1枠1番の馬が馬券に絡んでいません。それを言うなら、15番にも同じ事が言えるだろという突っ込みが聞こえてきそうですが、確率的には、逆に1番と15番がそろそろ来そうだという考え方もあります。確率で考えるか出目実績で考えるかによって、見え方が逆になります。何れにしても、最も恐ろしい過去10年の1番人気の4枠8番は、鬼門のようですが、これは無さそうです。

 さて、1番人気が馬券に絡む事が多いレースですが、コントレイルの前走のタイムは、昨年勝ったサートゥルナーリアのホープフルSのタイムより早いタイムで勝っています。ここも心強いところです。しかし、ホープフルSで2着だったヴェルトライゼンデは、前走でホープフルSで11着に終わったガロアクリークにスプリングSで先着を許しています。この3歳での成長力は、どの馬にも言えますが、驚異的に能力が上がるので、デビューしてからあまり目立たなかった馬が力を発揮して来る事が多いのです。

 それに、無敗の3連勝で言えば、レクセランスにも同じ事は言えます。コントレイルは、左回りの東京でスピードを証明しましたが、右回りではまだ証明されていません。恐らく、レースのペースに合わせただけである可能性が高いですが、左回りの2000mでのタイム実績は若葉S組の方が上です。単純にペースと馬場の環境が違うだけでしょうが、意外に侮れない数字です。それとサリオスですが、2000mの経験はありませんが少し前で競馬をするので、道中で、2000mのペースに苛つかなければ、無駄な体力を使わないで、最後まで走り切れてしまうかもしれません。

 また、共同通信杯組は、レースが稍重だったのでタイムの成長は計れませんが、中山2000mの持ち時計としてはコントレイルより速いのです。弥生賞ディープ記念にも言える事で、重馬場でしたから単純な比較も出来ませんが、中山2000mの実績タイムならコントレイルと同じ位です。それを考えると、ホープフルSは遅いレースだった事が窺えるので、コントレイルが噂通りならぶっちぎりで勝てた筈です。でも、レースを見る限りは、馬場は荒れていたし、鞭無しでの快勝です。鞍上も内々で、馬に負担をかけないように走っているようにも見えます。気になるのは、最後の直線で、先頭に出ると後ろの馬を待つような仕草がありました。少し、優しい所があるのかもしれませんので気掛かりです。

 穴は2連勝中のクリスタルブラックで、前走は稍重馬場で計りづらいですが、共同通信杯2着のビターエンダーに先着しています。それとブラックホールは、ここ2戦は中山で皐月賞に向けて着順を徐々に詰めて来ています。大穴は15番のラインベック。ホープフルSと東スポ2歳Sでコントレイルの前で競馬をして差されてしまっていますが、今度は逆にコントレイルの後ろで競馬をして来ると思います。コントレイルには勝てないと思いますが、3着だったら有り得ると思います。ワイドBOX 1、7、5、15
ワイドBOX 11、14、16、2