今、働く女性が貯金をする「本当の理由」5つ

写真拡大

今回は、実際にどれぐらいの人が貯金をしているのか、調べてみました。また、みなさん何のために貯金をしているのでしょう?  働く女性たちの貯金の実態を見ていきましょう。

Q.あなたは今、貯金をしていますか?

はい:80.1%
いいえ:19.9%

調査の結果、20〜30代の働く女性は、8割以上の人が貯金をしていることが明らかになりました。きちんとお金の管理をしているようですね。では続けて、貯金している目的についても見ていきましょう。

■結婚資金

・「結婚に向けて資金を集めている」(26歳/金融・証券/専門職)

・「結婚や出産後の生活のため」(28歳/アパレル・繊維/その他)

結婚に向けて、貯金をしているという声が多数集まりました。結婚式や新婚旅行、新居などまとまったお金が一気に必要になりますね。また、出産時にもお金がかかるため、将来に備えての貯金をしているようです。

■趣味のため

・「旅行をするために貯めている」(23歳/小売店/その他)

・「ソーシャルゲームをしているので、主に課金のために貯めています」(39歳/小売店/販売職・サービス系)

自分で働いたお金は自分の趣味のために使う! という女性たちも。海外旅行をしたり、好きなゲームをしたり、趣味を満喫するための貯金は貯めるのにも前向きになれそうですね。

■いざというときのため

・「いざというときのため。病気やリストラなど何かあっても貯金があれば安心なので」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「何かあったとき(事故や入院)のために」(32歳/医療・福祉/その他)

病気やケガはいつ、誰にでも起こりえること。また、急に働けなくなったり、万が一のリスクも不安ですよね。不測の事態に対応できるように貯金しているようです。

■老後のため

・「老後が心配だから」(29歳/その他/その他)

・「老後年金に頼らなくても生活できるように」(31歳/機械・精密機器/その他)

年金がもらえるか不安。または、もらえても年金だけでは暮らしていけないのでは? と考えている人がかなり多かったです。働ける今のうちに老後の備えをしておきたいと考えているようですね。

■家の購入

・「マンションを購入する」(37歳/その他/その他)

・「将来自分の家を持ちたいと思っているから」(24歳/医療・福祉/専門職)

結婚後の新居としてだけではなく、自分が暮らしたり、投資や賃貸での副収入を得るために家を購入することを検討している女性たちもいました。

■まとめ

働く女性たちがどんな目的で貯金をしているのかを調査しました。今回の回答で圧倒的に多かったのは「将来のため」、「老後のため」というもので、漠然とした不安を抱えている傾向も。無理のない範囲で、できることを考えていきたいですね。

(三島光)

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年12月6日〜12月7日
調査人数:490人(22歳〜39歳までの未婚の社会人女性)