Microsoftは4月15日(米国時間)、「Announcing Windows 10 Insider Preview Build 19608|Windows Experience Blog」において、Windows 10の開発版である「Windows 10 Insider Preview Build 19608」の公開を伝えた。このバージョンにはデフォルトアプリ(既定のアプリ)の設定に改良が加えられるなど、ユーザーからのフィードバックが反映されている。

Windows 10 Insider Preview Build 19608の主な変更点は次のとおり。

デフォルトアプリ(既定のアプリ)を設定する際、ファイルの種類、プロトコル、アプリごとに検索を行えるようになった(現在のWindows 10には検索機能が用意されておらず、ファイルの種類・プロトコル・アプリの一覧から手動で対象を探して設定を行う必要がある)。この変更はFastリングのInsiderユーザの50%が試用できる状況になっている。

You Phoneアプリ経由で、Windows 10とスマートフォンの間でファイルのドラッグ&ドロップを実現。1回当たりに転送できるファイルの最大数は100個。

デバイス間でテキストと画像をシームレスにコピーできる機能の対象デバイスを拡大。現在サポートされているデバイスはSamsung Galaxy S10e/S10/S10+、Note 10、Foldなど。

メッセージノード内で新しいメッセージを作成した場合に丸みを帯びた新しいユーザーインタフェースが表示されるように変更。

Your PhoneアプリのUIを改善(アプリの背景と携帯電話の壁紙を一致させるオプションの追加、ダークモードにおけるアプリの背景色の改善、ヘッダのタイポグラフィをモダンになるように変更、アプリ全体のパディングと応答性を改善)

デフォルトアプリの設定サンプル - 資料: Microsoft

今回導入された変更や新機能のすべてが将来のWindows 10に導入されるとは限らないが、ユーザーからの反応が悪くない限りは導入が進められると見られる。