MicrosoftはChromiumをベースに開発した新たなMicrosoft Edgeを複数のオペレーティングシステム向けに提供している。4月10日(米国時間)時点で、Microsoft Edgeでサポートしているオペレーティングシステムは以下のとおりとなっている(Microsoft Edgeバージョン77以降に適用)。

Windows 7

Windows 8.1

Windows 10 SAC RS3およびこれ以降のバージョン

Windows 10 Enterprise 2015 LTSC

Windows 10 Enterprise 2016 LTSC

Windows 10 Enterprise 2019 LTSC

Windows Server

Windows Server 2008 R2

Windows Server 2012

Windows Server 2012 R2

Windows Server 2016

Windows Server 2019

macOS Sierra (10.12)およびこれ以降のバージョン

iOS 11.0以降で、最新バージョンから2つ目までのバージョン

ARMベースプロセッサを搭載したAndroid KitKat 4.4以降のデバイス

ただし、Microsoftは「Microsoft Edge Supported Operating Systems|Microsoft Docs」において、Windows 7とWindows Server 2008 R2向けのMicrosoft Edgeに関しては2021年7月15日をもってサポートを終了するとしている。

Microsoft Edge Supported Operating Systems|Microsoft Docs

Winodws 7およびWindows Server 2008 R2はすでにサポートが終了している。MicrosoftはMicrosoft Edgeの最新版を使用していたとしても、PCがセキュリティリスクに対して脆弱である可能性があり、サポートが提供されているWindows 10などのオペレーティングシステムへ移行することを推奨している。