©テレビ朝日

写真拡大 (全5枚)

“あざとい女子”の2大巨頭・田中みな実&弘中綾香と山里亮太が“あざとさ”について語り合う唯一無二のバラエティー『あざとくて何が悪いの?』。本日4月17日(金)、待望の番組第2弾が放送される。

©テレビ朝日

「あざとく生きることの何が悪いの?」と開き直り、ミニドラマ化された“あざとい女の生態”を全方位から解体していく同番組。2019年9月に放送された第1弾はトレンド入りを連発し、大反響を呼んだ。

今回は、そんな第1弾を見て「番組の大ファンになった」という“あざと男子”の代表格・千葉雄大が自ら「どんな形でもいいから参加したい!」と番組にラブコール。

3人と共に鋭すぎて震える視点の痛快毒舌トークを炸裂させ、さらにパワーアップした“あざトーク”を繰り広げた。

©テレビ朝日

第1弾の『あざとくて何が悪いの?』で初対面&初共演を果たし意気投合した田中と弘中。オンエアでは弘中が田中へ“弟子入り宣言”をする場面も流れたが、収録後に2人に話を聞くと、これが早々に実現していたことが判明。

田中は「番組プロデューサーには『バチバチしていた方が面白いから仲良くするな』と言われていたのですが、弘中ちゃんがかわいくて仕方なくて、もう好きすぎて!」と話しており、2人でよく食事もしているそう。弘中も「無事に弟子入りを果たして、プライベートでもみな実さんの技を習得している最中です!」と笑顔を浮かべる。

今回も「職場にいるあざとい女」や「あざと賢くプレゼントする女」、「あざとく想像させる女」など一筋縄ではいかない猛者たちが取り上げられるが、田中&弘中はその一挙手一投足に次々とツッコミを入れながら、自らの“あざとい手の内”も明かして番組を盛り上げた。

©テレビ朝日

◆千葉雄大、田中みな実を「チョロい」と一刀両断!

今回は、松本まりか、AKB48・柏木由紀ら豪華出演者が実例ミニドラマで“あざとい女”を熱演。

さらに新企画として“あざと男子”も取り上げ、「年下あざと男子が大好物」だという田中の体験談もミニドラマで公開する。

収録中、この体験談を受けて千葉が田中のことを「チョロい」と一刀両断!

田中自身も「私、チョロいんです(苦笑)」と認めざるを得ないようで、山里も「今回の第2弾を見れば、田中みな実を落とすことができます(笑)」と太鼓判を押していた。

4人とも既に第3弾の実現を待ち望んでいる同番組。今回も話題沸騰となること間違いなしだ!

©テレビ朝日