ザスパクサツ群馬は16日、新型コロナウイルスの感染予防と拡散防止のため、トップチームのトレーニングを5月6日まで停止すると発表した。

 群馬では今月1日、DF舩津徹也の感染が判明。その後、トップチーム活動を一時停止し、同選手の濃厚接触者とされた41人は経過観察を行った。そのうち咳や鼻詰まりの症状を訴えた3人は今月10日にPCR検査を受けて陰性判定。舩津は15日に退院していた。

 また運営会社の職員も5月6日まで在宅勤務とし、セカンドチームのザスパ草津チャレンジャーズ、アカデミーも同日まで活動停止となっている。