槙野(右)からの宿題に乾(左)がチャレンジした。写真:Mutsu Kawamori/Mutsu FOTOGRAFIA(左)、徳原隆元(右)

写真拡大

 エイバルの乾貴士が4月16日、自身のSNSを更新し、「ついに、@makino.5_officialチャレンジやりました 何故なら本人から催促されたからです。笑」と綴り、日本代表でともに戦った盟友の槙野智章からの“宿題”にチャレンジした動画を公開し、反響を呼んでいる。

 乾がチャレンジしたのは、4月7日に浦和レッズ所属の槙野智章が、自身のインスタグラムに投稿したリフティング動画。宇佐美貴史がSNS上で披露していた高速リフティングから、乾貴士の紹介したスゴ技を取り込み、途中からは手にスパイクをはめた第3、第4の”足”がボールを自在に操り……。最後は満面の笑みでキメるというモノだ。

「何回かやってたんやけど、1人じゃ紐が結べへんから靴が飛んでいく しかも、意外に難しい 槙野先生はうまい。笑」と綴った乾は、初めの足でのリフティングこそテクニシャンぶりを発揮したものの、やはり靴紐がしっかり固定されていないせいか、なんともたどたどしいパフォーマンスに。最後は肘を打ったようで、しかめっ面でカメラを止めるまでの様子が収められている。

 槙野チャレンジを終えた乾は「そして、何より1人でやるとほんまに辛い。皆んな想像してみて。俺が1人でこれをやってる姿を。それが自分がやったらと考えて。もう一生やらんからなぁ」と感想を綴った。

 また、宿題を課した槙野本人から「あの乾先生でも、やはり出来なかったか」と返信が寄せられると、乾は「これは、見た目以上に難しい。んで見た目以上にメンタルがやられる。笑」と反応。ひとりでのチャレンジは精神的にも余程堪えたのか、「#辛い」「#余計寂しくなった笑」とハッシュタグを添え、ツイッターの文面では「地獄。笑」とも記している。
 この乾のチャレンジにファンもさっそく反応。「ミスってんのに何事もなかったような顔おもろいです笑」「やってくれたんですね さすがにこれはマッキーの方が上手いですね(笑)」「可愛すぎます笑」「お腹痛い。面白過ぎる」「痛そう」などとコメントが寄せられた。

 これまで、サッカーファンのみならず現役選手をも驚かせる数々の足技で魅了してきた乾だが、今回のチャレンジでは槙野に軍配が上がったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部