相変わらず新MCの和久田真由子は表情が硬い。そりゃコロナの深刻なニュースばかりなので笑うわけにはいかないだろうが、顔を引き攣らせることはない。この日発表されたNHKの世論調査について物申したいことがある。4月10日から12日まで電話で調査したもので、2085人にかけて、回答者は1253人の60.1%だった。

他社もやっているので結果はどうでもいい。安倍内閣の支持率は39%、不支持率は38%である。予想通りの拮抗した数字だが、毎度思うのが、質問の出来損ないに我慢がならない。内閣を支持する理由の1つが「ほかの内閣よりよさそうだから」というもの。これが53%。他の内閣よりよさそうだからって、比較する内閣の表示もないのに、毎度毎度の同じ質問である。設問の作り手はバカか。

新型コロナウイルスに関しては、わりに具体的な設問もあったが、内閣支持率についてはいつも「ほかの内閣よりよさそうだから」だ。それより安倍晋三の名前を挙げてもっと具体的に聞くべきである。筆者にも以前、テレビの他局からアンケートが来た時、割に具体的な質問があって答える意欲が湧いたのである。NHKはいつも同じ。

内閣の人気が落ちてきたので、当たらず触らず、いつも答えている設問でお茶を濁しているのではないかと邪推したくなる。そういえば、桜を見る会でも、モリカケ問題でも、当番組では追及が鈍い。看板番組として情けない。優秀な新MCの価値が下がる。(放送2020年4月13日21時〜)

(黄蘭)