東芝は4月16日、政府によるさらなる外出自粛要請を受け、支社、支店、営業所、工場などを含むグループの国内拠点において、主に東京オリンピック時に予定していた休日を前倒しすることにより、4月の営業を短縮すると発表した。

具体的には、従来営業日の4月20日〜24日、27日、28日を休日とし、4月の営業は17日まで、5月の営業開始を7日からとする。

政府が4月7日に「緊急事態宣言」を発出してからも、緊急事態宣言の対象となる7都府県を中心に感染者の拡大が継続していることを踏まえ、国内グループ全体として最大限の接触削減を目指す。

同社グループの事業は、社会活動の維持に必要な事業やサービスを多く営んでいる。これらの供給責任や社会的責任を果たすため、顧客、取引先への納入、保守、サービスに関する業務、社会活動などの維持に必要な事業については、顧客と協議の上、一層の感染リスク軽減策を講じた上で、必要な範囲で活動を継続する。