「PPAPチャレンジ」を披露した元日本代表の小野。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 FC琉球に所属する元日本代表の小野伸二が4月15日、自身のインスタグラムを更新。ピコ太郎さんによる“手洗いソング”「PPAP〜2020〜」をカバーする「#ppap2020challenge」に挑戦する動画を投稿し、話題を呼んでいる。

 サッカー界では、川崎フロンターレの中村憲剛がいち早く反応したこの「PPAPチャレンジ」動画は、すぐさま小林悠、登里享平とチーム内でパスが回り始め、3人目となった登里は守田英正と大久保嘉人の2人にパスを供給。ついにその繋がりはチームの外へと広がっていった。大久保からパスを受け取った松井大輔は野球のユニホーム姿でこれに挑戦。さらに松井から指名を受けたのが日本代表の先輩となる小野だった。

 小野は「 松井大輔選手から指名されましたので、シブシブ」と綴りながらも、ハッシュタグでは「#結局こだわる」「#自信作」「#楽しむ」などと添付し、動画では次女の里桜さんとともに、手洗いを推奨するイラストを描いた自作のTシャツを着てノリノリのパフォーマンスを見せている。また動画とともに、Tシャツにイラストを描く様子も画像で公開している。

 この動画を見たフォロワーも「ノリノリですねっ。イラストまですごいです」「控えめに言ってサイコーの親子」「最高。Tシャツ素敵」「仲良し!娘さんノリノリですね」「楽しくやる!サッカーと一緒デスネ!」「シブシブ感が1ミリもない!手、洗いまーす」などと絶賛のコメントを寄せている。

 また、次の挑戦者には元日本代表で解説者の福西崇史氏を指名。その本人からは「しぶしぶ…パスを受け取ったぞ」と泣き笑いの絵文字とともに返信が寄せられ、小野も「宜しくお願いします」と反応した。

 川崎から始まったPPAPチャレンジは、どうやら日本代表つながりでパスが回り始めたようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部