「マスクも防護服も足りない! 絶望感すら漂う米国の医療現場のいま」の写真・リンク付きの記事はこちら

見通しは非常に厳しい。ボストン・メディカル・センターの救急医エリッサ・シェクター=パーキンスは、「全員が状況は悪化すると予想しています」と言う。新型コロナウイルスによる感染症「COVID-19」が全米に広がるにつれ、医療従事者は重症患者の治療と同時に、自身の身をウイルスから守るにはどうすればいいのか考える必要に迫られている。

感染を防ぐための防護服や手袋、マスクといった個人防護具(PPE)は、ほとんど手に入らない。また、抗体検査が受けられないことから、自分がすでに感染して免疫がついているのかもわからないという。人工呼吸器から病床まであらゆる物が不足する可能性があり、医療現場ではストレスと怒りが高まっている。混乱に耐えられず、辞めてしまうスタッフすらいる。

シェクター=パーキンスは「理想的には、患者に接触するたびに防護服もマスクも新しいものに替えるべきです」と言う。だが、ほとんどの場合そんなことは不可能だ。彼女は新型コロナウイルスとは無関係の理由で来院した患者が、治療を受けたあとにCOVID-19に特有の症状を示す様子を目にしてきた。そして、そのうち何人かは実際に感染が確認されている。

こうした患者は最初は感染者だとは思われていなかったことから、対応した医師や看護師は「完全に無防備だった」という。シェクター=パーキンスは、「パンデミック(世界的大流行)が始まった時点で、PPEが足りないことも追加購入が難しいこともわかっていました」と語る。「ですから、最初から本当に必要な場所にだけPPEを割り当てるという、とても危険で難しい状況に置かれていたのです」

ロサンジェルス郡の救急治療の現場で働くスタッフは、誰もが自分たちを守るための器具の不足という事態に衝撃を受けている。ある救急医(匿名を条件に取材に応じてもらった)は十分な数がないものとして、医療用マスク、ゴーグル、フェイスシールド、殺菌力のある銅製の医療器具、消毒シートを挙げた。彼は「代わりに漂白剤を薄めたものをスプレーして使っていますが、効果はあまりありません」と言う。

常態化する必需品不足

パンデミックでは医療従事者は大きな危険に晒されるが、COVID-19の感染者が増えている都市はどこも、こうした必需品の不足が常態化している。カリフォルニア州では救急医の多くは個人として医療機関と雇用契約を結んでおり、これがPPEを入手できるかどうかに影響してくる場合もある。例えば、前述の救急医は勤務先から現金250ドル(約27,000円)が支給され、eBayでゴーグルを購入したという。

なんとか必要なものが手に入っても、数は絶対的に足りないことが普通だ。今回の取材で多くの医療従事者と話をしたが、シェクター=パーキンスを含む数人が、同じN95マスクをずっと着用していると語っていた。マスクをはじめPPEは使い捨てが基本だが、シェクター=パーキンスは「診療中以外は紙袋に入れて持ち歩いています」と話す。「1日の勤務が終わるとまた紙袋にしまって、翌日も同じものを使うのです」

感染拡大が深刻化していない地域では、こうした惨状には至っていない。オレゴン州ポートランドの心臓専門医ジェームズ・ベッカーマンは、「ほかの都市で起きていることに基づいて今後を予測しています」と言う。「先週の時点では、当面いるものはある状態でした。ただ、必要なものの量や内容は常に変化しています」

ニューヨークの惨状を教訓に

アリゾナ州で働く感染症予防の専門家サスキア・ポペスクは、まだ余裕のある医療機関は全米各地で起きていることを参考に、最悪の事態を回避するようにしてほしいと言う。「ニューヨークの壊滅的な状況が全米の注目を集めています。これは多くの人にとって警告となるでしょう」

ニューヨーク市は米国における新型コロナウイルスの感染拡大の中心地であり、医療人員が最も危険に晒されている地域でもある。3月24日には、マンハッタンのマウントサイナイ・ウエスト病院で働いていた48歳の看護師キオウス・ケリーが亡くなった。ニューヨークで看護師が犠牲になったのはこれが初めてだが、ケリーの同僚は防護服などがまったく足りないとSNSで強く訴えている。

Facebookで「#GetUsPPEs」というハッシュタグをつけて、ケリーへの別れの言葉をつづった看護師もいる。別の看護師は、やはりFacebookに以下のように記している。

「適切な種類のPPEが必要な量だけありません。このパンデミックを乗り切るためのスタッフの数も足りません。保険医療システムの責任者はニュースで実情とは異なることを話していますが、なぜそんなことをするのか理解に苦しみます。医療現場は十分な準備ができていないこと、状況は深刻であること、新規感染者を減らすために外出は控えなければならないことを、みなさんに知っていただきたいと思います。世界が事態の深刻さに気づく前に、あとどれだけの人が感染し、死ななければならないのでしょうか」

ただ、病院側もただ手をこまねいているわけではない。マウントサイナイ・モーニングサイド病院の看護師ペギー・デシデリオは、経営陣への要求を続けた結果、まだ十分とは言えないが状況は改善しつつあると話す。

デシデリオは「これで安心だとか、この先はPPEの不足に悩まされることはないなどとは思っていません。しれでも病院側は、わたしたちの言葉に耳を傾けてくれてはいます」と語る。なお、両病院を運営するマウントサイナイ・ヘルスシステムにコメントを求めたが、回答は得られていない。

看護師が倒れたら、誰が感染者をみるのか?

一方で、ニューヨークの医療機関の多くでPPEの供給は限られたままだ。クイーンズにある公立病院エルムハースト・ホスピタル・センターでは重症患者が急増しており、医師や看護師が惨状を訴えている。

耳鼻科のレジデントのベンジャミン・ライトマンは、防護器具などは最初からぎりぎりの数しかなかったと指摘する。パンデミックがいつ落ち着くのかまったくわからないなか、PPE不足は大きな懸念になりつつある。ライトマンは「危機的な状況です。いまPPEが手元にあるのは、事前に計画的に割り当てておいたからです」と言う。

現場で働くスタッフの間には絶望感すら漂う。ある大病院の看護師は、「夫と子どもとは一時的に別の場所で暮らしています」と話す。自分が感染している可能性を考慮して出勤は徒歩に切り替え、休みの日は家にこもっている。食事のデリヴァリーを頼むときは、ドアの外に置いてもらって配達員とは接触しないようにしているという。

彼女は、同僚たちも同じように感染の危険に晒されていることを考えると、不安でたまらなくなるとつぶやく。「わたしたちが倒れたら、誰が感染者のケアをすればいいのでしょう」

草の根の努力も続く

この点には誰もが懸念を抱いている。感染拡大が深刻化する前の2月時点で、国内の一部地域ではすでにPPEが品不足になっていたからだ。

米国はこれまで、国内で使用するマスクや人工呼吸器のかなりの部分を中国からの輸入に頼ってきた。保健福祉省のデータによると、医療用サージカルマスクの95パーセント、人工呼吸器の70パーセントは中国製で、感染が世界的な問題になる前から供給が滞り始めていたのだ。

今回の事態を受け、国内のマスク最大手プレステージ・アメリテックは増産体制を強化しているほか、業界大手のスリーエムも年内に10億枚のN95マスクを生産する計画を明らかにしている。それでも現時点では、需要が供給を大幅に上回っていることに変わりはない。

一方で、草の根の努力も進められている。ロサンジェルスでは『フェアウェル』などの作品で知られる映画監督ルル・ワンがPPEの寄付を呼びかける取り組みを紹介し、思いもかけないところから協力者が現れた。ワンは「特殊効果スタジオから寄付があったんです」と話す。

新たに立ち上げられたNPO「MasksForDocs」のメラニー・エンサインも、アートスタジオがマスクを提供してくれたと語る。医学部の学生であるメリシアン・メンドーザとギャビー・メイヤーはニューヨークの「PPEtoNYC」というキャンペーンを手伝っており、ここではヴォランティアがネイルサロンなどマスクのありそうな場所に片っぱしから電話をかけている。

家族や友人からマスクをもらったという医師や看護婦もいる。シェクター=パーキンスは、「たくさんの友人がさまざまなものを送ってくれました」と言う。彼女は10枚のN95マスクが手に入ったことから、同僚と分けて使うつもりだという。

重い腰を上げたトランプ

屋根裏や倉庫を探し、役に立ちそうなものを必要とされている場所に送るという試みも、全米で続けられている。防災用品を販売するJUDYはニューヨーク州に25,000枚のマスクを寄付したほか、サービス従業員国際労働組合は3,900万枚のN95マスクを見つけ出した。

こうした民間の協力は貴重だが、やはり政府の取り組みが重要だろう。ただし、トランプ政権は問題の緊急性を理解しようとしない。

ニューヨーク州知事アンドリュー・クオモが感染拡大に備えて30,000台の人工呼吸器が必要であると訴えたとき、トランプ大統領は「30,000台も40,000台もいるとは思わない」と発言した。大統領はFOXニュースのショーン・ハニティーとの電話インタヴューで、「大きな病院に行っても人工呼吸器なんてせいぜい2台しかないだろう。それが突然、『30,000台いる』なんて言い出したわけだ」と語っている。

大統領は、それまでも民間企業への生産要請には消極的だった。ところが数日後には方針転換したようで、ゼネラルモーターズ(GM)とフォードに人工呼吸器の生産に取りかかるよう命じたとツイートした。

それでも、医療現場が求めているものからはほど遠い。シェクター=パーキンスは、「国家レヴェルで明確な方針が示されることが理想です」と強調する。「トップダウンの関心が欠けていることで、国家の重大事ではないように見えてしまいます。最前線で戦う医療従事者たちは危険に晒され、無力感にさいなまれているのです」
新型コロナウイルスの関連記事

◎知っておくべき基礎知識

【重要】新型ウイルスは、あなたが何歳であろうと感染する。そして「大切な人を死なせる」危険性がある新型ウイルスの感染者数は、かくして指数関数的に「爆発的増加(オーヴァーシュート)」する新型ウイルスのワクチンは、いつできる? 基礎から最新事例まで「知っておくべきこと」いまこそ知っておくべき「コロナウイルス」に関する4つの基礎知識マスクは役に立たない? ワクチンが届く日は近い? 新型ウイルスにまつわる「8つの風説」の真偽新型ウイルスについて、改めて知っておくべき「4つのこと」新型ウイルス対策としての「休校」は本当に有効?スマートフォンやキーボードを正しく除菌する方法

 
◎これから何が起きるのか?

「78億の人類に感染の恐れがある」と、天然痘の撲滅に貢献した疫学者は言った新型ウイルスの感染拡大は、今後どんな結末を迎えるのか? 考えられる「3つのシナリオ」

 
◎いま起きていること

イタリアが新型コロナウイルスの“激震地”になった「2つの理由」と、見えてきた教訓需要爆発で生産が追い付かないマスクメーカーの大混乱新型ウイルスの世界的流行によって、「握手の習慣」が消えつつある“封鎖”された中国・武漢で、いま起きていること感染源は、本当に「市場のヘビ」なのか? 新たな論文を巡り波紋

最新情報は公式TwitterをフォローFollow @wired_jp