ガーミンジャパンと東日本旅客鉄道は4月15日、GaminのGPSウォッチや活動量計などのウェアラブルデバイスがSuicaに対応することを発表しました。

iOS/Android用のGarmin Connect Mobileアプリをインストールしたスマートフォンとペアリングすることで、ウェアラブルデバイスにSuicaを発行。Google Payによるチャージ後、ウェアラブルデバイスで鉄道やバスの利用、Suica決済が可能になります。JRE POINTのウェブサイトへの登録により、JRE POINTを貯めることも可能。

対応するウェアラブルデバイスは下記のとおり。ウェアラブルデバイスのソフトウェア更新により利用可能になります。

・Approach S62シリーズ
・fenix 6Xシリーズ
・fenix 6X Pro Dual Powerシリーズ
・fenix 6Sシリーズ
・fenix 6シリーズ
・Legacyシリーズ
・Venuシリーズ
・vivoactive 4/4Sシリーズ
・vivomove 3/3Sシリーズ
・vivomove Style/Luxeシリーズ

Garmin Pay Suica | Garmin 日本
https://www.garmin.co.jp/minisite/garmin-pay-suica/

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』