アジアサッカー連盟が声明発表…ACL含む5月、6月の試合の延期が決定

写真拡大

 アジアサッカー連盟(AFC)は14日に声明を発表し、5月と6月に予定されているすべての試合や大会を延期することを決定した。

 新型コロナウイルスの影響により世界各国で渡航制限や予防措置が続いていることを受けて、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)や2022FIFAワールドカップカタールアジア2次予選などの試合が延期されることとなった。

 また、AFCは今回の決定について以下の声明を発表している。

「今回の決定は選手やチーム、役員、ファン、そしてすべての関係者の安全と健康を確保するというAFCのコミットメントを強化するものである」

「AFCは大会に参加している協会との連携や競技を継続し、ACLやAFCカップグループステージを行うためにすべての選択肢を探していく」