テレ朝・斎藤ちはるアナ、緊急事態宣言でストレス発散場所を失う!

写真拡大

 テレビ朝日の斎藤ちはるアナウンサーがストレスの発散場所を失った。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、大好きだという東京ディズニーリゾートに行けなくなってしまったのだ。

 斎藤アナのディズニー好きは有名だ。2019年9月30日更新の同局公式ブログで、ミュージカルソングが大好きだと明かしたあと、「また、ディズニーも大好きです!!アトラクションや食べ物、雰囲気を楽しみによく行くので、年間パスポートまで持っています!」とつづっている。

 3月29日にCSで放送された初の冠番組「斎藤ちはる『学びのココロ』〜ニッポン伝統探し旅〜」(テレ朝チャンネル1)では、東京ディズニーリゾートに行くことがリフレッシュ法と告白。アシスタントを務める情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」でも、休日に東京ディズニーリゾートに行ったことを何度か報告している。入社1年目から平日朝の情報番組を担当し、ストレスがたまることもあっただろう。休日には大好きな東京ディズニーリゾートでリラックスしたいと考えるのは至極当然だ。

 ところが、新型コロナウイルスの感染拡大により、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーは2月29日から営業停止。4月20日以降に再開を目指していたが、政府の緊急事態宣言を踏まえて、運営元のオリエンタルランドは少なくとも5月中旬まで2パークの休園期間を延期すると発表。再開時期は、5月中旬に判断するという。

「『羽鳥慎一モーニングショー』の出演者は同局社員の玉川徹氏をはじめ、元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂、女優の高木美保など、“炎上コメンテーター”が勢ぞろいしています。司会の羽鳥慎一アナがコメンテーター陣をうまくさばいていますが、アシスタントの斎藤アナの気苦労も相当なもの。まだ2年目ですし、休日に息抜きしなければ心身ともに持たないでしょう。しかし、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーが休園し、再開時期もはっきり見えていません。斎藤アナのストレスはたまる一方なのでは」(テレビ誌ライター)

 斎藤アナの鬱憤が爆発しないか、心配だ。

(石田英明)